「伊賀泰代」おすすめ作品一覧

「伊賀泰代」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:伊賀泰代(イガヤスヨ)
  • 性別:女性
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:コンサルタント

一橋大学法学部卒。著作に『採用基準』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/01/10更新

ユーザーレビュー

  • 採用基準
    マッキンゼーが採用基準として最も重視しているリーダーシップとは何かについて書かれた本。

    これまでリーダーシップがよくわからないままであったが、この本を読んでようやく目から鱗が取れたような感じがする。

    リーダーがなすべき四つのタスク
    ・目標を掲げる
    ・先頭走る
    ・決める
    ・伝える

    マッキンゼー流...続きを読む
  • 生産性
    "事務、企画、技術などいわゆるホワイトカラーの生産性について書かれた本。
    企業の採用、人材育成、会議の在り方などとても参考になる。
    資料の作り方もアウトプットのイメージを構築したうえで、作業を進めることで、効率的な手順も作れるし、アウトプットのイメージがあるので、資料作成も効率的に行える。
    当たり前...続きを読む
  • 採用基準
    「リーダーになろう!」
    ちきりん風にサブタイトルをつけるとするとこうなるだろうか。

    リーダーがなすべきことは1.目標を掲げる、2.先頭を走る、3.決める、4、伝えるの4つ。

    マッキンゼーが(というより世界中のホワイトカラーに)求める人材は何よりリーダーシップがあること。これはいまの日本社会に求め...続きを読む
  • 採用基準
    この本で展開していたリーダーシップの概念は恐らく欧米で近年注目されているリーダーシップの形だろう。
    個々人が全体の中の自分の立ち位置を考慮してリーダシップを発揮するという点は、まさに目から鱗であった。全体感を持ったうえで自分の行動を決定する習慣は、役職が上がれば上がるほど役に立つだろう。今から徹底し...続きを読む
  • 生産性
    生産性を上げると言う事は同じ仕事でも時間を早く終わらせること
    労働時間を褒めるのではなく何時間でどれだけできたかを褒めるべき
    地方は生産性が低すぎると著者
    成長するとは生産性を上げるということ
    人々が一緒にするのは生産性が低い仕事をずっと出されている時
    古い仕事で生産性が低い仕事は新人に流されがち
    ...続きを読む

特集