「ケイト・アトキンソン」おすすめ作品一覧

「ケイト・アトキンソン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/04/12更新

ユーザーレビュー

  • 世界が終わるわけではなく
    皮肉の混じった現実の世界に、神話的な、あるいはSF的な非日常が入り込む。
    関係のないようなそれぞれの短編は少しずつクロスしている。
    一冊の本として巧みな構成となっていて、面白かった。
  • 世界が終わるわけではなく
    可愛がっていた飼い猫が大きくなっていき、気がつくと、ソファの隣で背もたれに寄りかかって足を組んでテレビを見ている!そして…という「猫の愛人」、真面目な青年と、悪さをしながら面白おかしく暮らす彼のドッペルゲンガーの物語「ドッペルゲンガー」、事故で死んだ女性が、死後もこの世にとどまって残された家族たちを...続きを読む
  • 世界が終わるわけではなく
    かなり好きな世界。

    千夜一夜物語のような現実と幻想がまじりあった世界は、そのブレンド加減の好みが人によって違うと思うのだけれど、ワタシにはこの小説の世界は絶妙。

    最初の「シャーリーンとトゥルーディのお買い物」がシュールで笑える。

    かといって、この作者の長編は読めないだろうなとも思う。ぷっつりと...続きを読む
  • 世界が終わるわけではなく
    短編集といっても、ただ短編を集めたのではなく、かなり巧みに構成されている。どれもシニカルでブラックだけれど、胸をうつところもあり、素晴らしかった!幼い子どものいじらしさから思春期の子の手に負えない様子、独り立ちした子の勝手さなど、すごくよく書けていて、母親の気持も子供の気持ちも痛いほど伝わってきた。...続きを読む
  • 世界が終わるわけではなく
    うっすらと登場人物が重なり合って一つの世界を作る短編集。どの短編も少し不思議な、幻想的な世界と繋がっている。また短編によって手触りが少しずつ違う。最初の短編は、まさしく世界の終わりのような日々の中でひたすら商品名が列挙される。妻を失った話は叙情的だし、いかにも十代な会話とモノローグ形式で進む短編もあ...続きを読む