石田和靖の一覧

「石田和靖」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/04/12更新

ユーザーレビュー

  • 「行動できない自分」を、勝手に変えてしまうスゴイ方法(きずな出版)
    人って何が転機で方向性が変わるかわかりませんね。普通のサラリーマンだった石田さんが、色んなご縁と、常識に囚われず行動する思考によって、国と国を結びつけるようなプロジェクトを手掛けています。私はビジネスはやってませんが、誰もが生きる上で必要な心持ちを熱く伝えてくれます。非常識な人がどんどん増えて、風通...続きを読む
  • 越境せよ! 日本で絶望するより国境のない世界で稼げ
    冒険投資家が新興国の今を伝えてくれます。意外な裏事情や新情報も盛り沢山ですが、何事においても必要な心構えも惜しまず書かれています。そして筆者が訴えたいのは、我々日本人が動くべき時は「今でしょ!」って事なのかもしれません。石田さんありがとうございます。
  • 日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項
    「アゼルバイジャン」。
    聞いたことはあるけれど、はっきりとは知らない国。「どこらへんにある国なのか?」「首都の名は?」と聞かれて、すぐに答えることができる人は、そういないだろう。
    自分もそうなのだが。

    さて、本書の内容。
    「アゼルバイジャン」という国の魅力、あるいは、その「秘めたる力」について、短...続きを読む
  • 越境せよ! 日本で絶望するより国境のない世界で稼げ
    インドへのハブになろうとしているスリランカのコロンボ。日本からの直行便がなく日本大使館もないアフリカはリベリア。イラク入国にはイラク政府のインビテーションレターが必要でそれは日本外務省が決めたという事実。日本が参考になるであろう地熱発電を行うアイスランド。第二のドバイを目指すアゼルバイジャン。すべて...続きを読む
  • 越境せよ! 日本で絶望するより国境のない世界で稼げ
    Seeing is Beleiving. 著者のサインが入った本を持っているのだが、
    このお言葉も書かれていた。この言葉こそ、この本の全てだろう。

    今年の1月、僕は石田先生主催のドバイツアーに参加した。
    僕の周りで参加されてた方から、とにかく行った方がいい、
    との言葉や石田先生もドバイのすごさを熱...続きを読む