みなもと太郎の一覧

「みなもと太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:みなもと太郎(ミナモトタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1947年03月02日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:マンガ家

京都市立日吉ヶ丘高校卒。1967年『兄貴かんぱい』でデビュー。代表作である『風雲児たち』で第8回手塚治虫文化賞・特別賞を受賞。また『風雲児たち 幕末編』では14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している。

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/03/27更新

ユーザーレビュー

  • 風雲児たち 幕末編 4巻
    孤独な知識人 佐久間象山先生と、松陰吉田寅之助のレヴェルが。
     佐藤信淵翁のナニも出てきて、もし蛮學社中がまうちょっと健在であったならば、みなもと太郎先生のこの傑作がない代りにスチームパンクな世界が展開してゐたんだらうなぁとか思った。
     佐久間先生の案はなんとなく星新一先生の「東京に原爆を!!」案と...続きを読む
  • 風雲児たち 幕末編 21巻
    チャカポンがマミ 「巴マミられ」る。
     作者が井伊大老のお付きの皆さんに対する、苦いタラレバ炒めを紹介しつつ、マミら こほ 大老の「延命」に奔走する皆さんと、その辺に関する忠臣蔵の怨霊と、民衆のリテラシーが展開。
     オタクって当時から紙袋持ってたんですね(絶対違ふ。井伊直弼が死んだっつうても『魔法少...続きを読む
  • 風雲児たち 幕末編 20巻
     そしてチャカポンと言ふか、赤鬼、青鬼退治の具体的な計画が。
     如何にも、「インターネットを渉猟してファンのレトリックを研究して出した」やうなまどマギネタは、ネットスラングとは全く別に、独自に出したものださうである。
     はー。
     多分、あそこでみなもと先生がぎゃあぎゃあこいてゐるのは、作者がガチで作...続きを読む
  • 風雲児たち 1巻
    これだけは言いたい!これは傑作だ!

    歴史ギャグマンガ、と銘打ってはいるが、もう古事記、平家物語、太平記あたりと並び称されるべき「歴史書」と思える。
    史実とイマジネーションのバランスと言い、最新知見の取り込み具合といい、人間ドラマの重厚さと言い。

    実際、子どもの学習マンガとして買いました、という声...続きを読む
  • 風雲児たち 幕末編 4巻

    おもしろい

    ジョン万次郎、いちやく有名人になるんですねぇ。
    聞きかじっていた歴史がバラバラとつながるようです。

特集