みなもと太郎の一覧

「みなもと太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:みなもと太郎(ミナモトタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1947年03月02日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:マンガ家

京都市立日吉ヶ丘高校卒。1967年『兄貴かんぱい』でデビュー。代表作である『風雲児たち』で第8回手塚治虫文化賞・特別賞を受賞。また『風雲児たち 幕末編』では14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している。

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/07/27更新

ユーザーレビュー

  • 風雲児たち 7巻
    平賀源内といい田沼意次といい、この時代では考えられないほど、一歩も二歩も進んだ考えを持っていたんでしょうなぁ。生まれた時代に恵まれていなかったのかも。
  • 風雲児たち 6巻
    前野さんの藩主がよき理解者であってよかった。
    互いの信頼関係があればこそだと思う。
    平賀源内はもっと評価されていいですよね。
    源内の思考が時代の流れよりも先に行き過ぎていたのかなぁ。
  • 風雲児たち 5巻

    ついに完成!!

    ついに完成しましたね!
    前野さん、杉田さんのそれぞれの思い、言ってはならないことを言ってしまったそれぞれの心情、
    完成して歓喜する姿、笑いあり、たまに悲しくもなり、感動もあり…次巻が楽しみです。
  • 風雲児たち 2巻

    土佐藩の…

    幕末の時代でしか知らなかった上士、下士、郷士のシステムが関ヶ原合戦後から始まっていたとは…。
    それにしても旧長宗我部の家臣たちへの山内一豊の仕打ちはむごすぎると思ったが、
    戦国の世では仕方のないことだったのかなぁ。ちょっと悲しくなりました。
  • 風雲児たち 4巻

    薩摩義士

    平田靱負は最後は悲しかったなぁ。
    濃尾平野の千本松原は是非見にいきたいと思いました。

    ついに、前野・杉田が出てきました!!
    これから幾多の苦労があると思いますが、ストーリーには期待です!!