みなもと太郎の一覧

「みなもと太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:みなもと太郎(ミナモトタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1947年03月02日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:マンガ家

京都市立日吉ヶ丘高校卒。1967年『兄貴かんぱい』でデビュー。代表作である『風雲児たち』で第8回手塚治虫文化賞・特別賞を受賞。また『風雲児たち 幕末編』では14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している。

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/07/26更新

ユーザーレビュー

  • 風雲児たち 幕末編 32巻
    生麦事件など単語だけは知っているが、教科書でもさらっと読み過ごしていた部分であった。その事件を何ページも使って事件概要からその後の幕府と薩摩藩とのやりとりまで詳細に描かれている。抜群に面白い。
  • 風雲児たち 幕末編 32巻
    幕末大河歴史ギャグマンガの第32巻目(通巻62巻目)。

    生麦事件の発生からその顛末です、ラストに京都での天誅の嵐の始まりが語られます。
    この事件はこの顛末からも薩摩の方向性が大きく変わるのですが、教科書でもドラマでも通常は簡単に触れられる程度なので、ここまで描かれるの吉村昭の小説とこの「風雲児たち...続きを読む
  • 風雲児たち 幕末編 32巻
    一冊まるごと生麦事件の32巻。
    幕府の無力さと、薩摩の上手さ強引さ。外国勢の動き。
    ギャグ仕立てだからまだ読めるんだよなあ~w
  • 風雲児たち 幕末編 15巻
     佐久間修理象山 月の正体を暴く。そんでもってセポイの乱がー
     井伊直弼は、水戸のご老公を何とかしつつ、慶喜といふ凶悪な兄ちゃんも何とかしないといけないのであった。
     薩摩の人が「平和維持軍としての自軍構想」を持ってゐるといふ、ちゃんとした歴史の皮肉があると言ふのは、へー。
     シーボルトと言ふと、個...続きを読む
  • 風雲児たち 幕末編 10巻
     安政の地震 遠山の金さんが、デフォを作ってくれてたので、対策は一応ちゃっちゃと進む。
     一方で、皮肉な悲劇も生まれる。
     諭吉がー 手塚さんと会ふ。

特集