「みなもと太郎」おすすめ作品一覧

「みなもと太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:みなもと太郎(ミナモトタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1947年03月02日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:マンガ家

京都市立日吉ヶ丘高校卒。1967年『兄貴かんぱい』でデビュー。代表作である『風雲児たち』で第8回手塚治虫文化賞・特別賞を受賞。また『風雲児たち 幕末編』では14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/27更新

ユーザーレビュー

  • 風雲児たち 幕末編 29巻
    29巻丸ごと使って寺田屋騒動。
    確かに単なる内ゲバ扱いしてはいけない騒動
    だよなあ~、久光が上洛しなければ起きなかった。
    と言うオチを含めてw
    それにつけても清川八郎・・・
  • 風雲児たち 幕末編 27巻
    坂下門外の変で安藤が軽傷を負っただけなのに失脚した理由がこれまでよく分からなかったんだけど、はあ~、背中の傷が問題だったのかあ~・・・。
  • 風雲児たち 幕末編 27巻
    幕末大河ギャグ歴史漫画の27巻目(通算57巻目)。

    本巻は坂下門外の変を中心にその前後のエピソードや西郷赦免後の薩摩情勢が語られ、いよいよ久光上洛へというところまでです。
    女優の杏も大ファンだそうで今回の帯コメントは杏さんでした。
    とにかくマニアすらうならせる本作は、今回も登城行列の家来は日雇いだ...続きを読む
  • 風雲児たち 幕末編 27巻
    今回は坂下門外の変です。いまいちマイナーなこの事件についてよく調べて描かれています。そして、いよいよ西郷が奄美大島から帰ってきます。次が大変に待ち遠しいです。
  • 風雲児たち 幕末編 25巻
    シリーズ25巻目(通番55巻目)の江戸歴史大河ギャグ漫画。

    前巻から引き続き対馬へのロシアのポサドニック号の事件の顛末がマルッと1巻かけて語られてます。
    途中で東禅寺でのイギリス大使襲撃事件とその後の水戸藩過激藩士への弾圧も挿んで、教科書に書かれていない時期に何が起きているかが克明に描かれています...続きを読む

特集