「宮本哲也」おすすめ作品一覧

「宮本哲也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/08/10更新

ユーザーレビュー

  • 強育論
    反抗期は「自立期」がすごくいいね。日本人は勘違いしている。この時期は子供を自立させなきゃいけない時期なんだ。


     ゆとりは将来に利息を後回しにするというのも納得がいく。

     脳味噌は筋肉と同じで超回復理論が適応される話もごもっとも。負荷をかけて、栄養と休息を与えなければ成長しない。

     ミスは自分...続きを読む
  • 強育論
    パンチの効いたタイトルですが、内容は至極真っ当です。

    子どもの健やかな成長のためには、食事、睡眠、運動が大切なこと。

    自分(母親)の不安の解消のために子どもに学習を無理強いしてはいけないこと。

    困っている人や苦しんでいる人をその人の立場に立って助けられる人は、自らも困難な局面に直面し、それを乗...続きを読む
  • 超強育論
    前書の「強育論」はいろんな意味で強烈だったがこちらはちょっとトーンダウンしていた。著者の仕事に対する考え方、子供に対する考え方が分かり、こちらの教室での特殊な教え方の利点を一応理解することが出来た。巻末三分の一ぐらいは実際の教室で行っている問題も付いているので、これなら買って一度やってみてもいいかな...続きを読む
  • 超強育論
    「考えること、それ自体が訓練」というシンプルな主張がストレートに伝わりました。誰のためでもなく、自分自身のために、きちんと考える訓練を積むことは、一生ものの財産となるでしょうね。子供たちがうらやましいと同時に、日々ぼんやりとしている自分の背筋も伸ばさなくては!という気持ちになります。

    前作に比べよ...続きを読む
  • 超強育論
    強育論の続編。算数パズルの作り方とかより実践的な話に言及している。考える力を教える。親が読むべき本。



     親が「若いうちの苦労は買ってでもしろ。」の諺を妨害する最大の足枷になっているというのは、染みた…。

     計算力が高いことを自慢している奴は、忍耐力が無い奴でもあるということだとわかった。

    ...続きを読む