海野つなみの一覧

「海野つなみ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:海野つなみ(ウミノツナミ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1970年08月09日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:マンガ家

1989年『お月様にお願い』で第8回なかよし新人まんが賞に入選しデビュー。代表作品は『西園寺さんと山田くん』、『Kissの事情』、『回転銀河』、『逃げるは恥だが役に立つ』など。

公式Twitter

無料作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/10/03更新

ユーザーレビュー

  • 逃げるは恥だが役に立つ(9)
    最終話で、互いの最適化の結果が出ているのが良かった(ワンピースの下りとか)
    ただ、それも最適化の過程の話で、子どもができた場合のプラン『サンキューシステム』『イイGoシステム』も想定しているのが面白い。
    生活の最適化は二人が共に生活していく限り、ずっと続いていくのだろう。月イチの最高経営責任者会議で...続きを読む
  • 逃げるは恥だが役に立つ(7)
    恋愛漫画として読むか、お仕事漫画として読むか。
    家事に現金対価がないことに悩むみくりを責める気持ちにはなれない。
  • 逃げるは恥だが役に立つ(6)
    平匡の誕生日を境に急転していく二人。そしてイチャイチャ回。
    相思相愛で合って良いかといえばそうではなく、プライベートと仕事の区別がつかなくなり、みくりはモヤモヤすることに。
    どのような関係になろうとも、対話は必要。互いの思いを伝え、折り合いをつけたりする行為はどのような仲になろうとも、むしろ仲が良い...続きを読む
  • 逃げるは恥だが役に立つ(5)
    風見の「ちゃんと恋したことあるの?」に対する「そんなのその人の主観でしょう」という返答と、百合の「深い喜びなんて結局それぞれの感じ方次第で千差万別だと思わない?」の返答は対応していて、他人から勝手な思い込みで傷つけられた二人だからこそ共通した意識をもっているのだと感じた。
  • 逃げるは恥だが役に立つ(1)
    ドラマ未聴で原作を読んだ。

    お互いの利益や他人からの期待から実を守るために結ばれた契約結婚をコミカルに描いている。

    契約結婚というと、互いに自分の利益を優先していまうイメージがある。しかし、双方が、男女とか雇用主と雇用者の関係を超えて、一人の人として相手を尊重しているから成り立つ関係なんだと思っ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!