「うさ銀太郎」おすすめ作品一覧

【うさ銀太郎】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:うさ銀太郎(ウサギンタロウ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:12月4日
  • 出身地:日本 / 栃木県
  • 職業:マンガ家

1995年『星の光るところ』でデビュー。『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』、『あいずラブユー』、『黒脚-kuroashi-黒タイツ・黒ストッキング娘アンソロジー』などを手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/07/14更新

ユーザーレビュー

  • 絶愛†皇帝~ドレイ姫に悪魔のキス~(1)
  • 侯爵様と私の攻防

    二回読むとやっとわかる

    一回読んだだけだとなぜ侯爵がいきなり夜這いという一番極端な行動に出たのか

    ヒロインのアデリシアが侯爵を必要以上に避けていたのか等分からないから2人の心理が分からなかった

    それには理由があったのですが、それがわかって初めて2人の行動がわかるというか

    最初の夜這いは侯爵側に理由があって...続きを読む
  • 侯爵様と私の攻防
    ソーニャらしく最初は無理やり。
    しかしその後のフォローがきっちりしているので、なんだかんだ幸せなエンドではないかと。
    すべて侯爵様の計画通りではあるものの、彼も必死だったというので好感が持てました。
  • 償いの調べ
    なんちゃってヒストリカル。
    両親と姉を1年前に亡くした伯爵令嬢のシルフィス・コリンソン17歳と、姉の婚約者だったアルベルト・ディーステル辺境伯27歳。
    姉の代わりに子供を産むんだと無理やり体を奪われるシルフィス。
    言葉足らずからすれ違ってる二人で、よくあるパターンと、好きな作者なのにガッカリ、ヒロイ...続きを読む
  • 償いの調べ
    歪んだ愛がテーマのソーニャ文庫ですが、途中まではアルベルトにそれほど歪んだ愛は感じられず、普通に読んでましたが、最後のエピローグで、やっぱりソーニャ文庫と納得しました。

    姉レオノーラを自分のせいで亡くしたと罪の意識で修道院に逃げたシルフィス。そんな彼女を強引に連れ戻したアルベルト。

    姉の死の真相...続きを読む

特集