小林多喜二の一覧

「小林多喜二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

防雪林
無料
0円(税込)
雪の夜
無料
0円(税込)
人を殺す犬
無料
0円(税込)
不在地主
無料
0円(税込)
母たち
無料
0円(税込)
独房
無料
0円(税込)

作品一覧

2019/02/22更新

ユーザーレビュー

  • 蟹工船・党生活者
    正に近年の日本。
    もうすぐ衆院選だが、選挙の大切さを身に染みた。
    国や周りを変えるのは己とその組織。
    資本主義が世界で崩壊されつつある今こそ読んで良かったと思った。
    一時期に確かこの本はかなり売れ行きが尋常ではない時期があり、これは「ブラック企業」が出始めた頃だったように記憶している。
    声を上げるこ...続きを読む
  • 蟹工船 一九二八・三・一五
    かなり政治的なところがあるので今まで遠ざけていたが。思い切って読んでみることにしました。かつて日本にあった理不尽かつ残酷な労働環境の実態がありありと伝わってきました。こういったプロレタリアートの考え方は100%賛成は出来ませんが、そうでなくとも楽しめる(?)作品です。
  • 蟹工船・党生活者
    ひたすらにえげつない。監督にボコボコにされた漁夫が恨みを晴らすため監督の部屋に殴り込んで部屋をめちゃくちゃに壊したが、監督だけはどういうわけか居なくて監督だけは壊せなかったという場面が特に印象的だった。いつの時代も損をするのは末端の人間で、上の人間は何かあったら尻切れトンボのように逃げていく。この時...続きを読む
  • 蟹工船・党生活者
    方便・独特な文体であるが、読点を細かく入れ読むやすい文章だった。
    「蟹工船」は、人間を人間と扱わない残酷な環境で、自分には刺激的であった。凄かった。
  • 蟹工船・党生活者
    深いです。

    読み終わったあともしばらく引きずりました。
    こういう時代もあったので、資本主義がいいとも言えません。
    複雑です。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!