伊集院光の一覧

「伊集院光」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/11/18更新

ユーザーレビュー

  • 次の角を曲がったら話そう ~伊集院光とらじおと自由律俳句の本~
    いろんな読み方ができる自由律俳句。
    3人の解釈も面白い。

    ラジオで知って楽天ブックスで買ってしまった。
  • 世間とズレちゃうのはしょうがない
    世間からはみ出してもいいという2人の主張には救われた気がした。世の中の人たちは絶妙なバランスで生きているんだなと思う。
    多様性が重要だという話で、方言も大事というのは心に刺さった。全員が標準語になれば豊かさが消えるという例は面白かったし、AIの世界がまさにそれになろうとしているという話は少し怖くもあ...続きを読む
  • 世間とズレちゃうのはしょうがない
    世間を囲う見えない境界線の内側になんとか留まる伊集院さんと、潔く外側に出て行って内側を冷静に見つめる養老先生の対談本。一方は理論武装し、他方は自然回帰する。ふたりのズレに対する向き合い方や考え方がおもしろい。幽霊は脳の中にならいるという話もさることながら、思いつめたら猫を見るというのは個人的に大賛成...続きを読む
  • 世間とズレちゃうのはしょうがない
    ■動機
    自分も人も追い込むような仕事をしていた若い頃を振返り、柔軟にどう合わせて行けばよいのかグラついていた為。
    NHK「100分de名著」の伊集院光氏のアシスト振りが好きで、仕事でも参考にしたい為。

    ■要旨
    「『世間』から自分がズレるのが怖く軌道修正しながら生きてきた」伊集院光氏と、「(都市の脳...続きを読む
  • 世間とズレちゃうのはしょうがない
    世間とズレてしまう事は自然な事だと受け入れているお二人は潔い人柄だと感じた。
    戦争を経験している人は価値観がある日突然変わることを目の当たりにしている。これを経験している人は強いんだろうなぁと感じた。自分にはその感覚が分からないが理不尽とかいうレベルの話ではないのだろう。
    日本は共同体意識が強いため...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!