「山崎光夫」おすすめ作品一覧

「山崎光夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/10/28更新

ユーザーレビュー

  • 開花の人―福原有信の資生堂物語
    資生堂創業者福原有信が薬学を邁進し、薬局の開局、化粧水を扱うまでに至ったストーリーを小説仕立てで記述した本。奥様のちょっとした言葉から気づけるところが、実業家の肝なのですね。
  • ドンネルの男・北里柴三郎 上
    生まれは、肥後の国小国。骨太の肥後もっこす。コッホを慕ってドイツに6年間留学。
    福沢諭吉の支援を受け

    来日したコッホは75日間日本の各地を周り、日本の文化に触れて日本通になった。忙しい柴三郎は、恩師のためにまごころを持って接待した。師弟愛には心を打たれる。
    北里研究所の設立時にほとんどの研究員が...続きを読む
  • 健康の天才たち
      現代の日本という長寿国を創りあげた、先人達の努力の結晶を垣間見ることができる本。まずは、6人の先人に感謝をしましょう。

    新潮新書HPより
    第一章 コンドーム・突撃不倒の男
     腐らない「夢のスキン」を
     寝ても覚めてもゴム、ゴム、ゴム
     全財産をつぎ込んで背水の陣
     「突撃一番」でお国にご奉公
    ...続きを読む
  • 健康の天才たち
    明治から昭和にかけて、日本人の健康に関わる発明や行動の推進をしてきた6氏の業績をまとめてある。あまり一般的な知名度が低い人たちの生涯がここで明らかにされている。
  • ジェンナーの遺言 絶滅病原体を追え
    1979年に根絶宣言をなされたはずの天然痘が、東京で発症。
    患者はハワイ帰りの成田空港から都立病院に搬送。
    感染源は?同行の医師の行方は?
    描かれているのが何年なのか(1990年代?)、この微妙な差が
    まどろっこしいというか、なんというか。
    携帯電話があるかないかということで、流れに違いがでる

    ...続きを読む