「山崎マキコ」おすすめ作品一覧

「山崎マキコ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/05/13更新

ユーザーレビュー

  • マリモ
    設定は、いつも通りの依存性の女の子の話しで、最後、問答のようなやり取りがある。山崎さんのほかの作品、「さよなら、スナフキン」は、過度な承認欲求からの脱却、「声だけが耳に残る」は、依存性を理由するのをやめよう、本作は???タイトルが最後に伝えたい内容とリンクしていないから、最後、何が伝えたいのか、ぼや...続きを読む
  • ためらいもイエス
    この本を読むのは2回目。初めて読んだ時は、本の主人公よりやや年下だった自分が、今、まったく同い年になってしまった。
    私も恋愛音痴なので、共感してしまいます。。
    ギンポ君はすてきすぎるなぁ。
  • ためらいもイエス
    なんか悩んで悶々としてたときに、タイトルの「ためらいもイエス」という響きに背中を押されるようで、気に入って買った1冊。
    当たり前のように過ぎていく毎日の中で、ふと昔を思い出す瞬間とか、なぜか無性に淋しくなって、自分を傷つけたくなるような瞬間とか、なんともいえない気持ちの表現が上手で主人公に共感してし...続きを読む
  • マリモ
    自称オタクとして自分を紹介したマリモには、心配してくれる真性オタクの後輩がいる。隠れオタクの血が読んだ作品。根底に流れる日々雑感的な文体と構成に魅力を見つけた。食品開発部から商品管理課飛ばされ、転職、それでも、マリモの心のより所の「先生」は何年経っても「先生」であり、本来の「先生」の姿に感動すら覚え...続きを読む
  • ためらいもイエス
    表紙は山崎マキコさんでしょうか。「盆栽マイフェアレディ」「マリモ 酒漬けOL物語」に次いで「ためらいもイエス」(2005.3文庫)を読みました。小諸そばの天丼もりセット、マックのフィレオフィッシュが好き、間もなく29歳、男性と仕事つきあいはできるけどいまだバージンの三田村奈津美の物語。365頁の作品...続きを読む