山崎武也の一覧

「山崎武也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/02/13更新

一流の作法
  • ブラウザ試し読み

一流の仕事術
  • ブラウザ試し読み

一流の仕事術 気配り篇
  • ブラウザ試し読み

一流の条件
  • ブラウザ試し読み

一流の条件・完結編
  • ブラウザ試し読み

「気の使い方」がうまい人
  • ブラウザ試し読み

気品の研究
  • ブラウザ試し読み

気品の法則
  • ブラウザ試し読み

「逆考」のすすめ
  • ブラウザ試し読み

心が元気になる考え方
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 上品な人、下品な人
    上品な人、下品な人。山崎武也先生の著書。自分は下品ではない、自分は上品だと思い込んでいる人ほど、下品な言動をしてしまいがち。人の振り見て我が振り直せの精神で、自信過剰、自己満足はやめて、自分の言動に下品で品性下劣なところはないだろうかと謙虚な気持ちで振り返ることが大切であると学びました。
  • 上品な人、下品な人
    上品と下品はわかりやすいです。
    身なりを正して姿勢よく丁寧に喋るようにすれば大外しはしないということですね。
    全般的に意識してる内容でした。
  • 弁護士に依頼する前に読む本
    TOPPOINT 2011年1月号より。

    弁護士に限らず、専門家に任せきっりは駄目ですね。
    自分でも多少なりともその事に関しては勉強しないとね。
  • 古風の研究
    以前に購入した本だが、思い立って読み返してみた。
    現代社会では、ともすれば時代に合わない、昔の悪習だという事柄が紹介されているが、いずれも先人が知恵を出し合って習慣として来たものが多く、見直すべき価値あるものだと思う。
    「目には目を」などで、一部説明に考えを異にする部分もあるが、現代人が今一度振り返...続きを読む
  • 気品の研究
    著者の作品に『上品な人、下品な人』(PHP新書)がある。文字どおり、上品といわれる人の振る舞い、行儀が悪いとされる振る舞いについて述べたものだが、その新書の下地となったのが、本書、『気品の研究』である。
    気品とは何か。どことなく感じられる上品さ。どことなく凛とした感じ。こういう雰囲気が漂う人をして、...続きを読む