チャールズ・A・オライリーの一覧

「チャールズ・A・オライリー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/03/05更新

ユーザーレビュー

  • 両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く
    ▶︎まだまだ浸透が足りないので読み直したい。
    =====
    ●知の探索
    自身・自社の既存の認知の範囲を超えて遠くに認知を広げていこうとする行為
    ●知の深化
    自身・自社の持ついて分野の知を継続して深掘りし磨き込んでいく行為
    ●成熟事業の成功要因(深化)
    漸進型の改善、顧客への細心の注意、
    厳密な実行
    ...続きを読む
  • 両利きの組織をつくる――大企業病を打破する「攻めと守りの経営」
    組織変革、組織カルチャーの考え方がクリアになった。また具体的な1社に絞って事例が見れたのは良かった。
  • 両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く
    時代の変化に伴って企業も変わっていなかければ生存することは難しい。生物は概ね細胞の活動により寿命が定められる。一方で法人は外部環境への適応力が寿命を決める。

    イノベーション・ストリーム:
    組織能力(既存・新規)、市場(既存・新規)というマトリックスで狙いを定めること。

    (過去の成功体験にしがみつ...続きを読む
  • 両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く
    いやぁ、やっぱり★5つです。

    ビジネスの世界に入って20年ぐらいでいろいろ経営に関する本も読んできたところ、昨今のVUCA時代で昨年出版されていた当初から気になっていたのだがようやく読めました。
    (というより「両利きの組織をつくる」や「じわじわ死ぬ会社 蘇る会社」「シン・ニホン」「コーポレート・ト...続きを読む
  • 両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く
    価値の源泉となる方法を知るため、読みました。本書の内容を一言でいうと「トップダウンで探索と深化を両立させることがイノベーションに必要」です。人生においても探索と深化を高次元で両立することが必要と感じました。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!