亀田俊和の一覧

「亀田俊和」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/08更新

ユーザーレビュー

  • 観応の擾乱 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い
    南北朝時代から室町時代初期までは、大半の人達に敬遠される時代なのだが、一番の理由はやはり、足利尊氏、直義兄弟という、それまで極めて仲が良かった二人が文字通りの「骨肉の争い」を起こしていまった観応の擾乱にある。

    南北朝時代というが、実質的に南朝は観応の擾乱が起きるまでは楠木正成は無論のこと、新田義貞...続きを読む
  • 観応の擾乱 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い
    足利尊氏と直義との争い、観応の擾乱を詳しく紹介している。

    直義も尊氏も、兄弟で直接対峙しなければならないときは、積極的にイニシアティブを取らないので、権力の空白が生じ、流れを掴みきれない様子である。それが大量の追随者を生みながら、大量の裏切り者を生み出す結果となったように思う。

    高師直の専門家で...続きを読む
  • 観応の擾乱 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い
    複雑な情勢をわかりやすく解説する良書。尊氏、直義、高師直など、従来の認識とは異なる人物像を納得感ある形で提供しています。鎌倉から室町時代は、結構血なまぐさい時代だったことを再認識しました。個人的には「応仁の乱」より面白かったです。おススメ。
  • 観応の擾乱 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い
    私にとってお城巡りの醍醐味は、その場所で時空を超えた感慨を味わうことです。650年以上前の時代、結果的には主流派となったタフな室町幕府初代将軍足利尊氏と二代義詮が反主流の尊氏の弟の直義、尊氏の庶子直冬の争いに、高師直や佐々木道誉などに南北の朝廷を交えた主導権争い。
    この時代「あれ、あなたは尊氏派?」...続きを読む
  • 観応の擾乱 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い
    室町幕府初代将軍の足利尊氏と、その弟直義。足利家の執事として最初期の政治を仕切っていた高師直。鎌倉幕府から建武親政を得て室町幕府に至る最後の動乱(観応の擾乱)について書かれています。この勢力が勝ったり負けたりと激しく争うのですが、なぜこれほどまでにややこしい状態になってしまったのかが、紐解くように理...続きを読む