かげはら史帆の一覧

「かげはら史帆」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/12/26更新

ベートーヴェン捏造
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • ベートーヴェン捏造
    力作。面白かった。

    天才とそうでない自分。シンドラーの気持ちも分からんでもないなぁ…嘘が年月を重ね本当の事のように思えてくる。イタイけど憎めない。シンドラー。あぁ…笑
  • ベートーヴェン捏造
    ベートーヴェンの存在を確かめるのは本人の作った曲と、書いたとされる書物、そして関わる人たちの言葉を同じく残した書物。しかし耳が聞こえなかったベートーヴェンにとって会話帳は、僕らでは考えられなかった事実だ。それをうまく使い、人を騙すことは、目的とすることは、今の時代なら考えられることだが、その当時はそ...続きを読む
  • ベートーヴェン捏造
    ベートーヴェンの「会話帳」なるものがあることも、ましてや、それが書き換えられていたことも知らなかった。

    現代人的な感覚に寄せて、
    シンドラーの行動の真意を読み解いているので
    真実かどうかは定かではないが、
    面白く、引き込まれる。

    だいそれたことをやらかして
    しまうときの人間の心理って、
    部分的に...続きを読む
  • ベートーヴェン捏造
    ベートーヴェンの「秘書」だったアントン・フェリクス・シンドラー。あれこれ奔走して第九の初演を成功に導く手助けをするなど、本人はめいっぱいベートーヴェンに尽くしているつもりなのだが、当のベートーヴェンからはウザいやつだと思われていて、演奏会の収益を着服した、などといういいがかりとともに追い出されてしま...続きを読む
  • ベートーヴェン捏造
    ベートーヴェン伝説の捏造者シンドラーの視点。ベートーヴェンの会話帳を現代のSNSに見立てたアイデアがとても面白かったです。「運命は、つくれる」「19世紀のポスト・トゥルース」のキャッチコピーにも心をつかまれました。芳崎せいむさんのカバーイラストも好き(『金魚屋古書店』も好き)。