シェリー・ケーガンの一覧

「シェリー・ケーガン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/07/12更新

ユーザーレビュー

  • 「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義
    イェール大学の哲学者による、死に関する様々な命題を取り上げた一冊。
    長年死に対して恐怖を抱いていたが、今回読破してみることで、少なくとも永遠に生き長らえることが苦痛であること、死に対してより具体的なイメージを持つことができた。ぜひ強く読破をおすすめしたい。
  • 「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義
    死について筆者の明確なスタンスを示している。

    死んだらなにもない。魂が生き続けることもない。
    私たちはただの機械である。

    そして、死というのは悪いものでも怖いものでもないというのを哲学的視点から述べている。

    自分が死ぬときにこの境地に達することができるようになりたいものです。
  • 「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 完全翻訳版
    人は生物としての機械なので、死ねば何もなくなる」という(少なくとも私もそうだと納得している)前提で、死に対する恐怖を論理的に突き詰めるイエール大学のシェリー・ケーガン教授の哲学講義。(西洋)哲学は、物事を論理で徹底的に突き詰めて(正面を向いて納得できるまで)考えぬく学問。この本は、客観的に「死」につ...続きを読む
  • 「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 完全翻訳版
    死について徹底的に考えた本。でも難しい話ではなく、わかりやすく親しみの持てる語り口なのでスラスラ読んでいく。翻訳者のセンスでもあるな。
    人間は人格という機能を有する機械に過ぎず、死ねばその機能を失うので死は終わり。だが永遠の生を考えてみると死は救いでもある。状況によっては自殺も許容されるべき。この本...続きを読む
  • 「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義
    〈第1講 死について考える〉

    ・望むものは将来も存在し続けることだけでなく、将来の私が今の私とよく似た人格を持っていることである。
    (例)
    900年以上生きられるとして100歳くらいの若造だった時の記憶を次第に忘れながらゆっくりと人格が変化していく。果たしてこれは望むものを叶えている?
    著者的には...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!