「高橋和希」おすすめ作品一覧

「高橋和希」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:高橋和希(タカハシカズキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1963年10月04日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

1986年『剛Q超児イッキマン』でデビュー(高橋かずお名義)。代表作『遊☆戯☆王』はアニメ化をはじめとしてメディア化され、日本国内だけでなく海外でも人気が高い。『遊☆戯☆王R』、『遊☆戯☆王GX』などの派生作品があり、監修として作品に関わっている。

作品一覧

2016/04/01更新

ユーザーレビュー

  • 遊☆戯☆王 モノクロ版 13
     遊戯王という作品は、常に己自身との闘い(葛藤)、希望と絶望(光と闇)を重点にしており、「ゲーム(決闘)」というプロセスを用いてその大切さを読者に伝えている。この巻は、特にそれが際立って語られている(最も色濃いといって過言でないかもしれない)。

     この巻は、主人公「遊戯」と、その親友「城之内」が敵...続きを読む
  • 遊☆戯☆王GX 3
    アニメ遊戯王GXの漫画版。
    アニメとは違うオリジナル展開です。
    付属のカードはハネクリボーLV9。

    三沢が表紙です。表紙は三沢です。
    そう、三沢なのです!

    デュエルの結果は相手の手抜きによる勝利だけどな!!
    (壮絶なネタバレ)

    闇のデュエルっぽい雰囲気が出て来た第3巻。
    つまりインチキくせーカ...続きを読む
  • 遊☆戯☆王 モノクロ版 18
    全巻読んだ。

    バトルシティ編完結の18巻。自分の中の悪(闇人格)を切り離し、犯した罪を他人(遊戯)に転嫁して、自分の正義(仇討ち)のためには手段を選ばなかったマリク。戦いの中でその悪の本当の意味を知り、罪を引き受けることにより、自分自身を取り戻す。その姿は全巻を通して最も感動的なもののひとつだろう...続きを読む
  • 遊☆戯☆王 モノクロ版 22
    読み終わったらもう胸がいっぱいですよ・・・
    これ以外のラストは無いとは思うけど、でも、ううっ。
    本当に素晴らしい作品ですよね。
  • 遊☆戯☆王 モノクロ版 1
    初期のいろなゲームの面白さ、中期のカードバトル、そして王様・相棒の安定さ、終盤のスケールの大きさ……どこも面白い。戦闘もノリが大好き。遊戯が最後自立していくところとかほんと泣ける。

特集