氏原英明の一覧

「氏原英明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/08/24更新

ユーザーレビュー

  • 甲子園という病(新潮新書)
    近年、甲子園への注目はすごいものがある。
    地方大会でも、注目選手がいたり、好カードであればプロ野球並みに人が入る。
    そんな中、今年注目の大船渡高校の佐々木朗希投手が、地方大会の決勝でマウンドに上がらなかったことが話題になった。学校にはなぜ投げさせなかったのかと抗議の電話があったようだ。
    投げさせなか...続きを読む
  • 甲子園という病(新潮新書)
    最近、甲子園野球の闇の部分が注目されている。真夏の炎天下での試合、エース投手の過剰な投球数、指導者や学校の勝利最優先主義、高野連の選手軽視などなど。高校野球とはしょせん、部活動の一つのはずなのだが、そこに甲子園というものが存在していることで、青少年教育とはかけ離れた行為が介入し、周囲もそれを異常なこ...続きを読む
  • 甲子園という病(新潮新書)
    勝利至上主義の指導者、肩や肘を壊してもエースに投げさせるシステム…。甲子園の魅力と魔力を知り尽くしたジャーナリストが、甲子園の「病理」を徹底解剖し、「甲子園改革」を提言する。

    投手の酷使をはじめ高校野球の弊害はさんざん言われてきたが、今年ようやく延長戦でのタイブレークの導入などがあった。でも米国な...続きを読む
  • 甲子園という病(新潮新書)
    甲子園は一種の劇薬だろう。替えがたい文化とステージである一方、それゆえの副作用を併せ持つ。けれどその病に目新しさは無い。ピッチャーの登板過多、勝利至上主義、感動という商品を売り尽くし、問題を見過ごすメディアのあり方等々、高校野球の課題は、昔から何も変わっていない。本書を10年以上前の著作として読んで...続きを読む
  • 甲子園という病(新潮新書)
     高校野球の問題点を指摘。

     甲子園出場やそこでの勝利の為に若者を使い潰したり、将来を考えない育成をしている。実際の選手達の名を多くあげてそれらを説いていく。後半では文武両道を実践してる高校など成功例も提示している。
     高校野球の酷使はそれを感動と捉えてしまう客側の変革が欠かせないと思う。プレイヤ...続きを読む