甲子園という病(新潮新書)
  • 値引き

甲子園という病(新潮新書)

作者名 :
値引き価格 554円 (504円+税) 7月7日まで
通常価格 792円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

甲子園はいつもドラマに事欠かないが、背後の「不都合な真実」に光が当たることは少ない。本来高校野球は「部活」であり「教育の一環」である。勝利至上主義の指導者が、絶対服従を要求して「考えない選手」を量産したり、肩や肘を壊してもエースに投げさせたりするシステムは根本的に間違っている。監督・選手に徹底取材。甲子園の魅力と魔力を知り尽くしたジャーナリストによる「甲子園改革」の提言。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2018年08月24日
紙の本の発売
2018年08月
サイズ(目安)
2MB

甲子園という病(新潮新書) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年12月28日

    今後の学生スポーツを考える上で、大事なテーマが多く考察されています。関わる多くの人がこの本に書かれているようなことを、考えるべき大事なテーマだと認識することが必要だと感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月24日

     「甲子園至上主義」の高校野球に対して,もっと高校生らしい野球,部活動,ひいては若者の育成を行うよう,警鐘を鳴らすルポ。けっして甲子園で身体を壊した悲劇のヒーローに焦点を当てるだけではなく,現代にふさわしい監督の指導方法とは何か,文武両立に対する高校生の取り組み方はどんなものか,著者は,複数の事例を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月17日

    高校野球ファンなので興味深く読みました。

    甲子園での試合は素晴らしい事に異論はないですが、勝利至上主義、投手の酷使やメディアの騒ぎ過ぎなどには以前から疑問を持っていました。

    本書を読んで、指導者やメディアを初めとした周りの大人たちのエゴから問題が引き起こされていると分かりました。

    特に深刻なの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月05日

    近年、甲子園への注目はすごいものがある。
    地方大会でも、注目選手がいたり、好カードであればプロ野球並みに人が入る。
    そんな中、今年注目の大船渡高校の佐々木朗希投手が、地方大会の決勝でマウンドに上がらなかったことが話題になった。学校にはなぜ投げさせなかったのかと抗議の電話があったようだ。
    投げさせなか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月04日

    最近、甲子園野球の闇の部分が注目されている。真夏の炎天下での試合、エース投手の過剰な投球数、指導者や学校の勝利最優先主義、高野連の選手軽視などなど。高校野球とはしょせん、部活動の一つのはずなのだが、そこに甲子園というものが存在していることで、青少年教育とはかけ離れた行為が介入し、周囲もそれを異常なこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月20日

    15年のフリーランス取材経験があるスポーツジャーナリストが、日本の高校野球界に身を置いたことのある選手や指導者たちへのインタビューを通し、日本の高校野球界にまつわる不合理なシステムや問題点についてあぶりだす。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月11日

    勝利至上主義の指導者、肩や肘を壊してもエースに投げさせるシステム…。甲子園の魅力と魔力を知り尽くしたジャーナリストが、甲子園の「病理」を徹底解剖し、「甲子園改革」を提言する。

    投手の酷使をはじめ高校野球の弊害はさんざん言われてきたが、今年ようやく延長戦でのタイブレークの導入などがあった。でも米国な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月29日

    元々阪神ファンなので甲子園に興味はあるのですが、それ以上に、虐待というイメージを持っている高校野球への関心が、読むきっかけになりました。P86 態度や行動は人の心を変える。マウンドや普段の生活でもやることを一定にさせていくと、気持ちも一定になっていく。人としての姿勢が向上すると、成長が伴う。P96 ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月26日

    もっとも暑い季節に、
    もっとも暑い月に、
    もっとも暑い場所で、
    もっとも暑い時間に、
    行われる全国高校野球選手権大会。

    夏の高校野球開催中の放映される「熱闘甲子園」。
    そこに描かれるのは「勝敗」を超えたところにある、
    仲間との友情、控えで終わった3年間、怪我で裏方に
    回り仲間を支えた…と言ったもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング