カート・ヴォネガット・ジュニアの一覧

「カート・ヴォネガット・ジュニア」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/04/18更新

ユーザーレビュー

  • スローターハウス5
    著者が経験したドレスデン無差別爆撃をSFの型式をとって描いている。トラルファマード星人に連れ去られてから時の流れから解放される。トラルファマード星人はすべての時間を見る事が出来る、そして、それは決して変わる事は無い。過去、現在、未来全てを関係なく行き来する。時間の流れが無い瞬間を生きている。それ...続きを読む
  • ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを
    この本が書かれた当時、まだ「格差社会」という言葉はなかった。にもかかわらずヴォネガットは、資本主義によってごく少数の人々にグロテスクなまでに富が集中し、一割の人間が、残りの九割が一生かかっても手することのできないお金と特権と享楽を手にするという未来を、正しく予見していた。
    そのようなマンモニズムの世...続きを読む
  • スローターハウス5
    読み始めた時、なかなか意味を掴めなくて何となく読み進める感じで入って行ったのだけど、読めば読むほど、作者の人間描写力に魅了されてしまった。

    これは、その、いわゆる第二次世界大戦中の、悲惨な戦争体験について書かれた本である。
    ヨーロッパに送られた、若き日のビリー・ピルグリム。彼のいた歩兵連隊がドイツ...続きを読む
  • スローターハウス5
    今の今までなんでこんないい本を
    読まなかったのか!と後悔しました

    今年に入って
    国のない男とこの本を読んで
    ヴォネガットがますます好きになりました

    上手く説明できないけれど

    「そういうものだ」

    ありがとう!ヴォネガット!
  • タイタンの妖女
    SFの古典といって良いのかな?昔の文章なので序盤かなり難儀したけど後半一気に読んでしまった。
    水星にいる波動がご飯の生物『ハーモニウム』含め、本当に美しいので今こそ映像化して欲しい。
    クラウドという概念やAIの脅威など現在を予言しているかのような箇所があるのも興味深い。
    だけど本編の本質は、大いなる...続きを読む

特集