「カート・ヴォネガット・ジュニア」おすすめ作品一覧

「カート・ヴォネガット・ジュニア」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/04/18更新

ユーザーレビュー

  • タイタンの妖女
    SFの古典といって良いのかな?昔の文章なので序盤かなり難儀したけど後半一気に読んでしまった。
    水星にいる波動がご飯の生物『ハーモニウム』含め、本当に美しいので今こそ映像化して欲しい。
    クラウドという概念やAIの脅威など現在を予言しているかのような箇所があるのも興味深い。
    だけど本編の本質は、大いなる...続きを読む
  • 母なる夜
    なぜ人はこうも寂しいものなのかという事をつくづく感じるばかり。畳み掛けるユーモアの効いた皮肉にズキズキ心が痛む。
  • タイタンの妖女
    うーん、もんのすごくシュールな読後感・・・。
    でもね、ホントにいろんな示唆を与えてくれたな。何より、「宇宙の意思」に気づかされたよ。 世界で一番くだらなくて、世界で一番深い本。
  • スローターハウス5
    この少し奇妙な物語を一体どう説明したものだろう。
    これは、著者が第二次大戦時、ドレスデンで経験したことを描いた半自伝的作品であり、登場人物が宇宙人(トラルファマドール星人)に掠われ、時間旅行者となるSF小説であり、そしてまた、強烈なアイロニーと悲哀をたたえたアメリカン・ユーモア小説とも言える。
    3つ...続きを読む
  • プレイヤー・ピアノ
    1952年に書かれた近未来小説。現代を言い当てているようなところだとか、現代からつながっていく近未来を感じさせるところもあります。全体としてはレトロな未来ですけどね。たとえば、個人のもつIDカードがパンチカードだったりする古さがあるし、半導体はでてこなくて、真空管がでてきます。駒を動かす盤ゲーム(チ...続きを読む

特集