笠谷和比古の一覧

「笠谷和比古」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/11/12更新

ユーザーレビュー

  • 決戦! どうぶつ関ヶ原
     コマヤスカンさんによる,関ヶ原の戦いを,上から見下ろした地図上にかいたもの。
     それぞれの武将と軍が実に細かく地図上にかかれています。

     東軍総大将は,たぬき組の徳川タヌキ家康。
     西軍総大将は,さる組の石田サル三成。

     そのほか,石田三成の軍師の島ゴリラ左近,たこ組の安国寺タコ恵瓊,東軍のか...続きを読む
  • 関ヶ原合戦 家康の戦略と幕藩体制
    [江戸前夜、天下両分]東西両軍が激しく争い、その結果が江戸時代の幕を開けることにつながった関ヶ原の合戦。戦に至るまでの経緯からその戦闘及び戦略の特徴、そして合戦がその後の政治体制の形成に与えた影響を考察した一冊です。著者は、クラシック音楽への造詣も深い歴史学者である笠谷和比古。


    (失礼ながら)思...続きを読む
  • 関ヶ原合戦 家康の戦略と幕藩体制
    その後400年の歴史を決定付けた関ヶ原の真実が裏の裏までよく見える。本題ではないとはいえ、大阪の陣の記述が大変そっけないのが唯一の不満。
    征夷大将軍とその世襲という既成事実ができた。また合戦を約150年繰り返したため一度軍事衝突が生じれば、小勢力の小競り合いでなく数万単位へと合戦の大規模化が生じてし...続きを読む
  • 決戦! どうぶつ関ヶ原
    「あれ、コウモリって西?東?青だから西なのに、なんで東の味方?」(S8)
    「このウス、なんで青いのに味方の邪魔してんの。こいつのせいで、後ろが山を下りられないんじゃん」
    「ケッロッピのやつ、サボってる。なにこれ、赤い旗も用意してるよ」
    「うっわーー、熊つええー」
    「あ、ケロッピ、とうとう赤い旗に変え...続きを読む
  • 関ヶ原合戦 家康の戦略と幕藩体制
     関ヶ原合戦のことが知りたいのなら、この一冊を読めばかなり理解できると思います。1994年に刊行されたものを文庫化しており、内容としては特別真新しくはないため、最新の本と併読するとなおよいと思います。特に秀忠についての記述は『関ヶ原合戦と大坂の陣』で訂正を加えています。
     笠谷先生は他にもたくさんの...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!