「待鳥聡史」おすすめ作品一覧

「待鳥聡史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

10/25入荷
政党が信じられない
購入予約

作品一覧

2017/10/19更新

ユーザーレビュー

  • 代議制民主主義 「民意」と「政治家」を問い直す
    政治の世界をテレビなどで見ている時に、様々な問題に対する批判や泥仕合を見ることが多いように感じていたのですが。その原因が一体何なのか、政治家が悪いのか、官僚が悪いのか、それとも私たちが勉強不足なのか、わかっていないままに散髪屋の親父と化してしまっていました。それを理解する視点として、代議制民主主義が...続きを読む
  • 代議制民主主義 「民意」と「政治家」を問い直す
    最近政府に対する批判として時々聞かれる「民主主義的でないという言葉がよくわからず(選挙で選ばれた代表が多数決で決定することがなぜ「民主主義的でない」の?)、かと言って厚い政治学の本を読む気もなく、ちょうど良さそうなタイトルの新書だったので読んでみました。

    ものすごく要約すると、結局のところ、執政制...続きを読む
  • 代議制民主主義 「民意」と「政治家」を問い直す
    京都大学大学院法学研究科教授の待鳥聡史(1971-)による比較政治学の観点からみる代議制民主主義論。

    【構成】
    序章 代議制民主主義への疑問 議会なんて要らない?
    第1章 歴史から読み解く 自由主義と民主主義の両輪
     1 近代議会の成立と発展
     2 大統領制と議院内閣制
     3 拡大する代議制民主主...続きを読む
  • 代議制民主主義 「民意」と「政治家」を問い直す
    今年のベスト本候補。民主主義と自由主義を代議制民主主義のもとでせめぎ合い、運営されていっている、という視座で様々な政体を読み解く。関係ないと思っていたあれやこれがこういう統一的な説明ができるのか、という連続。AとBがあって一長一短ですよね、という中級本にありがちな逃げには走らず、どういう場合/目的の...続きを読む
  • 代議制民主主義 「民意」と「政治家」を問い直す
    地方議会をはじめ代議制民主主義への批判論や否定論の声が高まる中、代議制民主主義のあり方と意義を改めて考えるという趣旨の本。代議制民主主義の歴史を振り返りつつ、明快な論理で代議制民主主義を分析し、今後の改革の方向について展望している。納得性の高い議論を展開しており、代議制民主主義への理解を深めるには最...続きを読む