代議制民主主義 「民意」と「政治家」を問い直す

代議制民主主義 「民意」と「政治家」を問い直す

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

有権者が選挙を通じて政治家を選び、政治家が政策決定を行う。これが代議制民主主義の仕組みである。議会の発展、大統領制と議院内閣制の確立、選挙権の拡大を経て定着したこのシステムは、第二次世界大戦後に黄金期を迎えた。しかし、経済成長の鈍化やグローバル化の影響を受け、今や世界各国で機能不全に陥っている。代議制民主主義はもはや過去の政治制度なのか。民意と政治家の緊張関係から、その本質を問い直す。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
280ページ
電子版発売日
2017年05月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

代議制民主主義 「民意」と「政治家」を問い直す のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月02日

    課題図書。入門レベルにうってつけの良書。議会制民主主義の歴史を辿りながら、それぞれの政治制度の長所、短所をまとめた本。改めて全ての民意を完全に反映させることは難しいと実感しつつ、だからこそできる範囲のことは政治機関に担って欲しい。間違っても機能不全といった事態に陥ってはならない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月04日

    自由主義(効率性)と民主主義(公平性)の結節点として代議制民主主義を、歴史的、課題的、制度的に読み解き、あるべき改革を探る。

    最後の章で、代議制民主主義はしたたかでしなやかである、との一文まで至った時、本書の冗長で、広範な書き口、構成の意義、つまり、作者の意図が始めて分かった。


    あちら立てれば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    そもそも、民主主義と議会制度は出自が異なるのに、今では民主主義と言えば、普通選挙に基づく議会制度が必須となっているが、これは、決して直接制民主主義の代替物では無く、自由主義と民主主義の貴重な接点であること。そして、自由主義的側面と民主主義的側面が互いに摩擦を起こすことこそが、必要なことなんじゃないの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月04日

    政治の世界をテレビなどで見ている時に、様々な問題に対する批判や泥仕合を見ることが多いように感じていたのですが。その原因が一体何なのか、政治家が悪いのか、官僚が悪いのか、それとも私たちが勉強不足なのか、わかっていないままに散髪屋の親父と化してしまっていました。それを理解する視点として、代議制民主主義が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月10日

    最近政府に対する批判として時々聞かれる「民主主義的でないという言葉がよくわからず(選挙で選ばれた代表が多数決で決定することがなぜ「民主主義的でない」の?)、かと言って厚い政治学の本を読む気もなく、ちょうど良さそうなタイトルの新書だったので読んでみました。

    ものすごく要約すると、結局のところ、執政制...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月13日

    京都大学大学院法学研究科教授の待鳥聡史(1971-)による比較政治学の観点からみる代議制民主主義論。

    【構成】
    序章 代議制民主主義への疑問 議会なんて要らない?
    第1章 歴史から読み解く 自由主義と民主主義の両輪
     1 近代議会の成立と発展
     2 大統領制と議院内閣制
     3 拡大する代議制民主主...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月25日

    今年のベスト本候補。民主主義と自由主義を代議制民主主義のもとでせめぎ合い、運営されていっている、という視座で様々な政体を読み解く。関係ないと思っていたあれやこれがこういう統一的な説明ができるのか、という連続。AとBがあって一長一短ですよね、という中級本にありがちな逃げには走らず、どういう場合/目的の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月10日

    地方議会をはじめ代議制民主主義への批判論や否定論の声が高まる中、代議制民主主義のあり方と意義を改めて考えるという趣旨の本。代議制民主主義の歴史を振り返りつつ、明快な論理で代議制民主主義を分析し、今後の改革の方向について展望している。納得性の高い議論を展開しており、代議制民主主義への理解を深めるには最...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月23日

    近頃政治をめぐって「民意」とか「民主主義」といった言葉を用いた、罵り合いにも似た言論が盛んである。本書はそうした政治の現状をあくまで比較政治的に、選挙制度の選択×行政権の強さから検証したものである。
    比較政治の妙味であるが、「こうすべき」と言われるような政治制度の多くは、既にどこかの時代のどこかの国...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月18日

    2015年は「民主主義」という言葉が溢れた1年だったように思う。

    とりわけ大きなトピックとして、安保関連法案と、大阪における大阪都構想の住民投票および市長・都知事ダブル選挙があった。

    これらについては、とても奇妙に思える状況があった。


    まず安保関連法案については、憲法学者による違憲という指摘...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています