モートン・ハンセンの一覧

「モートン・ハンセン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/01更新

ユーザーレビュー

  • ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則
    バスに乗る人を決めて目的地を選ぶ、という考え方は言われてみれば成る程、という考え方だが、意識していないと目的地を先に決めてしまいがちなので何度も立ち返る必要があると感じた。
    非常に本質を捉えており、深い洞察を得られる。
  • ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則
    ■学んだこと 良好→偉大になるために必要な要素

    ・第5水準のリーダーシップは、個人としての謙虚さと職業人としての意志の強さという一見矛盾した性格の組み合わせから構成される。総じて強い野心を持っているが、その野心は組織に向けられていることが多い。自分の偉大さを示すことには興味がない。厳格と冷酷の違い...続きを読む
  • ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則
    ビジョナリーカンパニーとは、オリンピックで言えば金メダル級の企業のこと。多くの人から尊敬を集め、2位(銀メダル)とはダントツの差をつけている企業のこと。

    そうした企業は最初からそんな企業ではなかったことに驚きを禁じ得ない。

    基本理念を維持し
    大胆な目標(BHAG)
    カルトなような文化
    とにかく大...続きを読む
  • ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則
    ■感想
    最高の本。以上。恐れ入りました。という内容。
    僕なりのキーメッセージは「理屈を言わずに、やれ」ということだと思います。

    ■要諦
    本書の最重要項目
    本書が訴えるのは、基本理念を維持し、進歩を促す具体的な仕組みを整えることの大切さ。これが時計を作る考え方の真髄。↓がキーコンセプト。


    ...続きを読む
  • ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則
    (気づき)
    ⭐️「偉大な会社」大枠
    ・第五水準のリーダーシップ
    ・最初に人を選びその後に目標を選ぶ
    ・厳しい現実を直視する(だが勝利への確信をしなわない)
    ・ハリネズミの概念(3つの円の中の単純さ)
    ・規律の文化
    ・促進剤としての技術
    ・弾み車と悪循環

    ⭐️ 偉大なるリーダーは個人としては控えめで...続きを読む