「中町信」おすすめ作品一覧

「中町信」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:中町信(ナカマチシン)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1935年01月06日
  • 出身地:日本 / 群馬県
  • 職業:作家

早稲田大学第一文学部独文科卒。1966年『闇の顔』で第1回双葉推理賞候補。1969年、『急行しろやま』で第4回双葉推理賞を受賞。1971年、『そして死が訪れる』が第17回江戸川乱歩賞の最終候補作に。2009年逝去。2008年出版の、1968年発表の『湖畔に死す』を大幅に加筆・改稿した『三幕の殺意』が遺作となる。

作品一覧

2014/01/29更新

空白の殺意
  • ブラウザ試し読み

三幕の殺意
  • ブラウザ試し読み

追憶の殺意
  • ブラウザ試し読み

天啓の殺意
  • ブラウザ試し読み

模倣の殺意
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 模倣の殺意
    騙されたー!!!
    途中までは気づいたのにー。
    気持ちの良い悔しさを久しぶりに味わえた良作。
    ミステリを読む楽しさってこういうところだよね。
  • 追憶の殺意
    だまされないゾ!と構えながら読んだせいで衝撃は「模倣の殺意」よりも少なかったけど。
    それにしても凝りに凝ったという印象。
    中町信、癖になりそう。
  • 天啓の殺意
    これは、凄い。 今年上半期のマイベスト。店に置いてみても、お客さんのリアクションが良い。嬉しい。本屋でよかった。頑張ってPOP作ってよかった。
  • 天啓の殺意
    作中作の小説と同じ事件が現実でも起こる。この展開に弱いです。勿論、内容もしっかりしてます。まんまと騙された読者の一人です。この作品もっと有名になっていいんじゃないでしょうか?
  • 空白の殺意
    『高校野球殺人事件』の改題。面白かったです。堪能できました。中町信さんの本は『模倣の殺意』天啓の殺意』についで3冊目です。過去2冊の知識があったので真犯人はすぐに予想できました。いかにして真犯人を追い詰めていくか、自分が名探偵になった気分で読むことが出来ました。

特集