土屋浩の一覧

「土屋浩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/10/25更新

ユーザーレビュー

  • こひすてふ
    あらすじと表紙につられて購入しました。
    今までに読んだことの無い文章のスタイルに最初は戸惑い、ノリに若干冷めつつありました。しかし読み進めるにつれ、壬生にときめいてときめいて……!
    とても好きなお話です。繰り返し読んだらまた見方が変わってくるのだろうなと思います。
  • こひすてふ
    言ってみればはやりの異世界召喚系。

    平安時代にトリップしてしまった美術部の女子高生の話。
    ・・・・・・なんだけど、題名や口絵を見て絶対主人公は和歌読みなんだと思ってたら、絵描きかよ!
    いや、読んでる間ずっとしっくりこなかったよ。
    まあ、和歌を聴いてその絵の状況を描き出す能力についてはありだと思うけ...続きを読む
  • こひすてふ
    溢れ出す想いを,この筆に込めて。

    壬生忠見の歌はエピソード含めて面白いと思っていた。だから気になって読んでみた。絵を描いて神童ともてはやされていた過去を持つ高校生の御厨紀伊。平安時代の絵をきっかけにタイムスリップしてしまう。そこで出逢ったのは歌合で負けたことにショックを受けて死んでしまう壬生忠見。...続きを読む
  • こひすてふ
    こひすてふ。絵師と三十六歌仙の時を超えた恋。あなたが好きだから、生きていてほしい。若干ご都合主義なところもあるけど、この話好きだわ。ただのひねくれた女子高生かと思いきや、紀伊、根性あるよね。現代ならなんとかなっても、医療技術が発達していない時代の呪詛はおそろしい。心が弱ってるところに、病気までしたら...続きを読む