こひすてふ

こひすてふ

作者名 :
通常価格 658円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

神童と持て囃されたのも今は昔、ただのひねくれ女子高生になり果てた御厨紀伊。そんな紀伊が平安時代へタイムスリップ、そこで出会ったのは格好いいけどぶっきらぼう、プライド高くてちょっと優しく、そして誰よりも和歌への情熱溢れる三十六歌仙の一人、壬生忠見だった。平安時代での日々を送るうち、紀伊はときにいがみ合いながらも壬生との距離を縮めていく。しかし、壬生にはある未来が待っていた。時の村上天皇によって催された歌合での勝負に敗れ、悔しさのあまり悶死するという――。はたして二人の関係の行方は、そして壬生の運命は!?

ジャンル
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2016年10月25日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年11月22日

あらすじと表紙につられて購入しました。
今までに読んだことの無い文章のスタイルに最初は戸惑い、ノリに若干冷めつつありました。しかし読み進めるにつれ、壬生にときめいてときめいて……!
とても好きなお話です。繰り返し読んだらまた見方が変わってくるのだろうなと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月17日

言ってみればはやりの異世界召喚系。

平安時代にトリップしてしまった美術部の女子高生の話。
・・・・・・なんだけど、題名や口絵を見て絶対主人公は和歌読みなんだと思ってたら、絵描きかよ!
いや、読んでる間ずっとしっくりこなかったよ。
まあ、和歌を聴いてその絵の状況を描き出す能力についてはありだと思うけ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月11日

溢れ出す想いを,この筆に込めて。

壬生忠見の歌はエピソード含めて面白いと思っていた。だから気になって読んでみた。絵を描いて神童ともてはやされていた過去を持つ高校生の御厨紀伊。平安時代の絵をきっかけにタイムスリップしてしまう。そこで出逢ったのは歌合で負けたことにショックを受けて死んでしまう壬生忠見。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月13日

こひすてふ。絵師と三十六歌仙の時を超えた恋。あなたが好きだから、生きていてほしい。若干ご都合主義なところもあるけど、この話好きだわ。ただのひねくれた女子高生かと思いきや、紀伊、根性あるよね。現代ならなんとかなっても、医療技術が発達していない時代の呪詛はおそろしい。心が弱ってるところに、病気までしたら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play