「川崎草志」おすすめ作品一覧

「川崎草志」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/02/05更新

ユーザーレビュー

  • 弔い花 長い腕III
    読み応えのある作品
    Iの長い腕は中々話に入っていけなかったが、呪い歌から壮大な相関図に引き込まれた。弔い花を読み終え切なさも感じつつ、汐路がリアルな女性として存在。
    作者はこの三部作、どの時点で構想を練ったのだろうか。圧巻
  • 疫神
    『長い腕』の作中ずーっと漂う不気味さが好きで早く新刊でないかなって思っていた。今回もずーっと漂う不安感に嵌まった。疫神も人を殺したくなる衝動の描写も、おどろおどろしくて魅力的。

    実は、世界を救うとかそういうところに感動を感じなかった。それよりも、関一家のそれぞれの想いに胸を打たれた。幼いけいやの、...続きを読む
  • 長い腕
    心当たりがありすぎて、石丸さんのかっこよさも吹き飛ぶ怖さだった。
    もうまず、個人的に、主人公の故郷が愛媛ってあたりが…
    なぜあえてそこにしたんですか、川崎先生…?
    その上、「歪み」なんていう、一時期全国でも問題になったくらい身近なものが事件の発端(は言い過ぎか?)。
    現実と小説の区別はちゃんとつけて...続きを読む
  • 長い腕
     ゲーム会社に勤める女性を主人公に、田舎で起こった殺人事件とネット社会の歪みを描く。ネットから精神を歪め殺人へと誘う手法と、それを防ぐために歴史をさかのぼるストーリー展開が非常に巧妙。世界観もグロテスクな展開にせずに、ある種の体温を感じさせてくれていて素晴らしい。
     建築家が残した歴史を超えた呪いと...続きを読む
  • 呪い唄 長い腕II
     長い腕の三部作の二作目。主人公が棟梁の呪う村を救うべく奔走するストーリー。キーになるのはかごめ歌に隠されたメッセージ。江戸埋蔵金と明治維新までの歴史を連鎖で捉えて、同時に見せる手法が面白く、キャラの立った登場人物がアクセントになる。
     前作同様、不思議なタイムとラベルとサスペンスが楽しめる。