「O・D・エドワーズ」おすすめ作品一覧

「O・D・エドワーズ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/11/25更新

ユーザーレビュー

  • シャーロック・ホームズ全集1 緋色の習作
    世代を受け継がれて読まれるだけあって、テンポもいいし、第一部と第二部の雰囲気の変わりかた、論理的推理、さすがです
  • シャーロック・ホームズ全集8 シャーロック・ホームズ最後の挨拶
     人気ドラマだったら、映画版が3本作られ、テレビ・シリーズが3シーズン。それでいったん途切れて、ときどきスペシャル番組が単発で放映されたのをまとめたのが本書というところ。その間に4つめの映画版、すなわち『恐怖の谷』が製作されているわけだが。
     ほぼ毎月連載された『冒険』『回想』『帰還』所収の短編と違...続きを読む
  • シャーロック・ホームズ全集1 緋色の習作
    ミステリ。ホームズとワトスンの出会い。
    「ミステリ好きならこれは読んでおかないと!」と思って購入。もとの邦題は『緋色の研究』ですね。
    ホームズの推理が面白い!
    偏ってはいるものの深い知識と、優れた観察力、鋭い直感、素早い行動。130年前に描かれた作品に、ここまで優秀な探偵が登場したら、それは大人気に...続きを読む
  • シャーロック・ホームズ全集8 シャーロック・ホームズ最後の挨拶
    これまでの短編と雰囲気が変わったように感じた。毒ガスや仮病などのせいか。極めつけは第一次世界対戦前の外国スパイがいきなり出てくる「最後の挨拶」。「瀕死の探偵」のワトソンのホームズに対する友情が胸を打った
  • シャーロック・ホームズ全集7 恐怖の谷
    ホームズの長編四作目にして最後の長編。タイトル通り暗かった。構成は第一部の現代での事件発生と解決、第二部の事件の原因となる背景は、緋色の習作と同じ。第二部の暴力世界が読むのに辛く、またラストもハッピーエンドとは言い難かった。モリアーティ教授一味のせいとのことだったから、突然現れたこの敵役をもっと説明...続きを読む

特集