宇野維正の一覧

「宇野維正」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/07/01更新

ユーザーレビュー

  • 1998年の宇多田ヒカル
    覚え書き

    ・宇多田ヒカルは1人でパソコンを使って作曲できる音楽家であり、編曲やプロデューサーとしても自分でこなす。歌の中のハモリも自分の声を多重録音。知名度の割にライブは少ない(ライブは苦手なのでないか?)。

    ・椎名林檎はソロのイメージが強いけれど、もともとはバンド活動をしていたため、今もバンド...続きを読む
  • 1998年の宇多田ヒカル
    私の敬愛する椎名林檎とaikoについて書かれたほんとあらば読まぬわけがないでしょう。これに宇多田ヒカルと浜崎あゆみを加えて(ただ、あゆは本当にオマケ)、彼女たちが生まれた背景から生きてきた時代と音楽業界の変遷を生き生きと、そして鬼気迫るトーンで書いている名著。
    以下は勉強になった考察。

    - ある種...続きを読む
  • 1998年の宇多田ヒカル
    夏前に買って読んでいなかった本。1998年を思い出しながら読みました。宇多田ヒカルだけでなく椎名林檎やaiko、浜崎あゆみにも触れています。宇多田ヒカルと椎名林檎の関係や最後の浜崎あゆみの章が特に読みごたえがありました。彼女たち4人はこれからまたどう進化していくんだろう
  • 1998年の宇多田ヒカル
    宇多田ヒカル、椎名林檎、aiko…日本の音楽シーンを支えていく女性たちが、1998年に確立していたことを知ることができた。小学6年生のときに、「女性ボーカルの曲だけあればいいな」と思っていたのをすごく覚えているけど、その正体はこういうことだったのか。
  • 1998年の宇多田ヒカル
    宇多田ヒカル、椎名林檎、aikoという3人の天才と浜崎あゆみがデビューした1998年。それぞれの音楽性や希少性を生い立ちやその時代のバックグラウンドを踏まえながら解説している。

    CD全盛の当時と比べてこれからの音楽シーンがどう変わって行くのか、考えさせられる。