「緑川ゆき」おすすめ作品一覧

「緑川ゆき」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:緑川ゆき(ミドリカワユキ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1976年05月23日
  • 出身地:日本 / 熊本県
  • 職業:マンガ家

1998年『珈琲ひらり』で第18回LMGフレッシュデビュー賞を受賞しデビュー。『あかく咲く声』が第25回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を受賞。『夏目友人帳』がTVアニメ化された。その他作品に『緋色の椅子』、『アツイヒビ』、『蛍火の杜へ』などがある。小説家の緑川七央は実姉である。

作品一覧

2018/09/29更新

ユーザーレビュー

  • 夏目友人帳 23巻
    最初の話の学校の言い伝え「テンジョウさん」の絵を探す夏目が普通の男子高校生のように楽しそうで、嬉し涙がでる(´_`。)゙次の「約束残る家」では一族が絶えても約束を守ろうとする妖に切なさを感じ、今までは嫌いだった的場さんも祓い屋の名門に生まれたばかりに大変だねぇ(._.)と少し同情した(^^;)
  • 夏目友人帳 23巻
    夏目が自分の意思で関わり合ってて、
    うれしいなーと思います。
    「テンジョウさん」みたいに、
    友達が関わってくるお話も好きだな。
  • 小説・夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~
    映画を見るまでは読むのを我慢していたので、優しい、優しい、あのお話はこの物語から始まったのだなと思うと感慨深いですね。

    疲れた心をそっとなでてくれるような物語です。(映画もね)
  • 夏目友人帳 3巻
    ど1話ずつ完結で色々な妖が次から次へと出てきますが、どの妖も人に裏切られながらも人を恨んでいなかったり、見てもらえなくてもそばにいてくれたり、とても心優しいです。人間だから妖というくくりではなく、ひとそれぞれの個性や考え方として描かれているところがとても素敵です。
    第11話では名取さんも再登場します...続きを読む
  • 夏目友人帳 1巻
    の話も切なくどこか温かい物語です。1話ずつ完結でここまで心情などを丁寧に描くお話を考えるのはとても大変なのではないかと思います。
    一話完結でありながらどうして読めば少しずつ進展していく部分もあり、とても優しい物語だと思います。
    斑の姿についてはきつねや猫などが元になっているとしては耳の位置が後ろで全...続きを読む

特集