「緑川ゆき」おすすめ作品一覧

「緑川ゆき」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:緑川ゆき(ミドリカワユキ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1976年05月23日
  • 出身地:日本 / 熊本県
  • 職業:マンガ家

1998年『珈琲ひらり』で第18回LMGフレッシュデビュー賞を受賞しデビュー。『あかく咲く声』が第25回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を受賞。『夏目友人帳』がTVアニメ化された。その他作品に『緋色の椅子』、『アツイヒビ』、『蛍火の杜へ』などがある。小説家の緑川七央は実姉である。

作品一覧

2017/12/05更新

ユーザーレビュー

  • 夏目友人帳 2巻
    猫ってリード付けるんですね。ニャンコ先生だけ??名取さん登場回。寝てた状態から、立って抱きとめるとは素早い。体中を動き回る痣があったら、気持ち悪くて、妖も憎むだろうなぁ。『誰かが僕を退治してくれればよかったのに』が切なすぎる。やり方は違えど、優しい人なのは分かる。アサギの琴のお話も好き。
  • 夏目友人帳 22巻
    最新巻までをまとめ読み。基本的に1~2話完結ものだから、全体の流れを楽しむ作品ではないし、そういう意味では結構一本調子でもあるから、10冊とかまとめて読むのはちょっとしんどい。でも毎日1冊ずつ、みたいな感じで読み進める分には、ちょっとした癒し気分を連日味わえて、なかなか良い感じ。という訳で、15冊く...続きを読む
  • 夏目友人帳 14巻
    8-14巻まで。お祓いの人との確執がどんどん進んで、それと戦うために少しずつ力をつけていく、みたいな物語になると思ったけど、それなりの緊張感は残しつつも、相変わらずのほのぼの感がそれを覆っていて、相変わらず良い雰囲気です。ちょっと緊迫したなって思うと、ふと温かくなる妖怪との触れ合い話が挟まれたり、緩...続きを読む
  • 夏目友人帳 22巻
    友人帳の原点ともいうべきレイコさんのお話しとニャンコ先生と少年のお話しがお気に入りです。イナナギ様のお話しも、、結局全部好きみたいです。
  • 夏目友人帳 22巻
    ストーリーの進展はありませんが、「友人帳」がどうやってできたのかがわかりました。レイコさん、夏目(孫)よりも不器用だな・・・。強いのが逆に切ないわ。
    他のお話も良かったです。心温まるお話も、不思議なお話も、ちょっとゾクッとするお話も、どれも好き。

特集