ベイカレント・コンサルティングの一覧

「ベイカレント・コンサルティング」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/06/21更新

ユーザーレビュー

  • データレバレッジ経営 デジタルトランスフォーメーションの現実解
    見慣れないデータレバレッジという言葉が気になり読んでみました。
    データ活用という古くて旬なテーマを様々な角度から掘り下げていて、興味深かったです。特に第2章のデータ神話の視点と展開は面白く、自社のことを言い当てられている気がしてドキリとすると共に、文章にひき込まれました。

    本書で提示されているデー...続きを読む
  • エンジニアがビジネスリーダーをめざすための10の法則
    表題通り、エンジニアがリーダーを目指すための本。
    私自身エンジニアなので非常にためになった。

    10の課題に対して、エンジニア/リーダーそれぞれどんな振る舞いをするかが書いてある。
    汎用的な課題が多く、すぐにでも使えそうなスキルが多い。

    特に印象に残っているのは、エンジニアとリーダーの立場の違いに...続きを読む
  • データレバレッジ経営 デジタルトランスフォーメーションの現実解
    テーマとなっている「データレバレッジ」とは「自社のデータに外部のデータを加えて分析し、テコを効かせて価値を最大化する」という意味。DXを扱った”著社”の前著が2冊あり、続きで読んだ方がよいのだと思うが、本書だけでも十分理解できた。具体的なソリューション事例はそれほど豊富ではないが、体系的で用語解説も...続きを読む
  • データレバレッジ経営 デジタルトランスフォーメーションの現実解
    データ、データと騒ぐ上司に疲れている人におすすめかな?
    レバレッジという単語も昨今の経営者・上司の人が好きです。
    データ*レバレッジの考え方を構造化し、簡単に説明があるので全体像を掴むのに適した書籍でした。
    価値のレバレッジのヒントはあるが、お金をどうやって稼ぐかまでは論じていないので、お金儲けの答...続きを読む
  • データレバレッジ経営 デジタルトランスフォーメーションの現実解
    ・感想
    1908に読み、今回2002に読み、2回目。
    思っていたよりも理解度が上がっていてサッと見直し程度という感じ。
    コンサルらしく、何事にもステップやキーワードを置いて理解させやすくする点は、模倣させてもらう。

    専門的な用語は少なく、時代背景や事例も必要十分にあるので、データ活用について、ビジ...続きを読む