ロバート・D・エルドリッヂの一覧

「ロバート・D・エルドリッヂ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/15更新

ユーザーレビュー

  • オキナワ論―在沖縄海兵隊元幹部の告白―
    オキナワの反基地運動家がゲートのラインを超えて逮捕された事件で、反基地団体と沖縄のマスコミが嘘ばかり流してるので証拠映像を公開して、何故か解雇された沖縄海兵隊政治顧問(肩書きはこれでいいのか)の著書。この人、元々歴史学者なんだね。他の著書(と言うか論文)も読んでみたいと思ったのだが、ちと高めである。...続きを読む
  • 沖縄の危機! ―『平和』が引き起こす暴力の現場
    沖縄と本土の分断で誰が得をするのか考えれば必然的に中国共産党に行き着く。返還前から中共の意思が働いていたとは知らなかった。このままでは本当に危ない。まずは政府の沖縄を守るという断固たる意思表明から始めてもらいたい。
  • だれが沖縄を殺すのか 県民こそが“かわいそう”な奇妙な構造
    本書に書いていることが、沖縄の実態なのかを知るために
    もっと、著者の事は知るべきと思い本書を手に取った。

    沖縄の基地問題に対する批判の部分もあれば、
    著者は元米軍基地の在沖米海兵隊政務外交部次長だった経歴があることで、
    内部の実情をよく把握していると本書では感じるが、米軍寄りの発言も確かにある。
    ...続きを読む
  • だれが沖縄を殺すのか 県民こそが“かわいそう”な奇妙な構造
    自分も沖縄は大好きで年に2度ほど行くことがこの15年くらい続いているが、そんな自分でも「目から鱗が落ちる」沖縄の真実の姿に驚きも感じながら読みました。
    様々に存在する「沖縄問題」には外部要因のものもあれば、沖縄自らが作り出している問題もあり、事は簡単ではないことは誰でも解ることだ。だからこそ、誰もが...続きを読む
  • だれが沖縄を殺すのか 県民こそが“かわいそう”な奇妙な構造
    沖縄に関する驚くほど冷静な分析。色々なものが複雑に絡まっているが、やはり沖縄県民がかわいそう。翁長は論外で、琉球新報と沖縄タイムスが癌なのは良く知られているが、辺野古移設では問題が解決しないこと、普天間基地が世界一危険なのは作り話であること、沖縄に米軍基地の7割以上があることは数字のマジックであるこ...続きを読む