「深澤真紀」おすすめ作品一覧

「深澤真紀」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/12更新

ユーザーレビュー

  • 「そこそこ ほどほど」の生き方
    何でもやり過ぎてしまう、人間関係の小さなことを気に病む自分にとって、目から鱗が落ちた本。
    「機嫌よく過ごすために自分をメンテナンスする」と言う考えて方は面白い。手を抜くべきところは抜く、必要なときのために力を溜めておいて大事なことに注力する。人間関係もそう。全てのことに良い結果を求めるのは無理がある...続きを読む
  • 「そこそこ ほどほど」の生き方
    そんなにいつも前向きじゃなくていい。「変わる」より、自分が持っている長所を知ることが大切。

    ■「自分探し」よりも、客観的にいまある「自分取材」をする
    ■「様子を見る」「無理をしない」「あきらめる」事も大事
    ■弱っているとき、疲れたときは休む。逃げたいときは、逃げる
    ■いま考えたところで、仕方のない...続きを読む
  • 「そこそこ ほどほど」の生き方
    「そこそこ ほどほどに いつもご機嫌に生きる」というこの本のコンセプトに深く共感した。長〜い人生なのだから、自分をすり減らすような生き方は全然得じゃない。ここぞ!という時のために、力が出せるよう、今の自分にとって一番大切なものを見失わないよう、生き方のテクニックを学ぶことも必要。要するに、今の自分に...続きを読む
  • 考えすぎない生き方
    日経WOMANオンラインで連載している深澤さんの『平成働き女子のための処世術』をいつも楽しみにしています。
    その文庫版ということで読ませていただきました。

    深澤さんの芯の通っている優しい言葉は、読んでいてほっとしました。
    常に100を目指してしまう私にとっては、50でもいい、諦めてもいい、そんな言...続きを読む
  • ダメをみがく “女子”の呪いを解く方法
    他人との距離の考え方。
    素敵じゃなくても良い。

    コンビニの店員や、掃除のおばちゃんとの関係に、生かされている。