「室城秀之」おすすめ作品一覧

【室城秀之】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/05/25更新

ユーザーレビュー

  • 新版 落窪物語 上 現代語訳付き
    飽きさせない展開ですらすら読めてしまう。当時の女房たちの間でも楽しく読まれていたのではないかと思う。
  • 新版 落窪物語 上 現代語訳付き
    今は昔――。
    中納言には娘が数人いたが、その中の一人“落窪の君”は実の母を亡くし、中納言邸で継母である北の方に使用人のような扱いを受けていた。
    宮家の血筋を引く落窪の君は、姿も心も美しく、また縫い物が得意だった。継母や腹違いの姉妹の婿のために縫い物をする日々を送っていたが、その落窪の君のことを聞いた...続きを読む
  • 新版 落窪物語 下 現代語訳付き
    下巻では、さらに継母たちを失意のどん底まで蹴落とす少将(作中ではどんどん出世して呼び名が変わる)。なにせ父親が大臣で自分も出世街道のトップを独走しているので、金と権力を使って気持ちいいほどの復讐の連続。
    しかし心優しい落窪の君は、老いた父や腹違いの姉妹たちが不幸になるのを悲しみ、少将は愛する妻のため...続きを読む
  • 新版 落窪物語 上 現代語訳付き
     普段は原文を読んで脳内で勝手に意訳していたので、さほど気にしていなかったが、いざ改めて現代語訳(直訳)を読むと、存外「未詳」の箇所が多いと知る。
     古典の世界も、まだまだ謎だらけ。特に言語の変遷は凄まじいものがあるから、ますます読解が難しくなるだろうしなあ…。
  • 新版 落窪物語 下 現代語訳付き
    作者不詳ながら、少なくとも「枕草子」よりは先に書かれた、平安時代の物語。「継母による継子いじめ」は当時の宮廷生活がも相当多かったらしく、この手の物語はたくさん」あったそうだ。
    前半は非常に面白い読み物で、ストーリーの緊密さ、会話の豊かさなど、ほとんど「小説」である。「源氏物語」よりも小説らしい作品か...続きを読む