「井上功」おすすめ作品一覧

「井上功」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/26更新

ユーザーレビュー

  • 借金1兆円を10年で返した リクルートの現場力
    上司に薦められて読書中。著者の経験に基づいた説得力あふれる言葉が並び、数あるリクルート本の中でも一番だとか。
    営業を経験した自分からは、自らの“介在価値”〜顧客と商品(リクルートでは情報や媒体)を結びつける営業マンの存在意義、のようなもの〜を問う、という言葉が身に染みました。「常に仕事の目的と目標...続きを読む
  • 借金1兆円を10年で返した リクルートの現場力
    2012年21冊目。

    リクルートに関する本は何冊か読んできたけど、
    人物伝ではなく会社の特徴全体を知るには一番良い本だった。
    社風や制度が、PDCEサイクルのそれぞれの段階に分けて紹介されているのに加え、
    最大の経営資源「人」を活かす人事制度にもかなりの紙面が割かれている。

    天才と言われたカリス...続きを読む
  • 借金1兆円を10年で返した リクルートの現場力
    やはり、凄いの一言。 リクルートの復活にさほどの時間は必要なかった!  江副イズムなのか、それとも新しい息吹きなのか!  現場力・・・凄すぎる!
  • 借金1兆円を10年で返した リクルートの現場力
    リクルートが展開しているビジネスの基本は、カスタマーとクライアントの間に「メディア」という形で介在し、3者がみんなメリットを享受できる「トライアングル・ハッピー」を形成することです。

    このハッピーをより強化するためには、どうすればいいのでしょうか。

    僕らがフツーに考えてしまうと、そのメディアのク...続きを読む
  • 借金1兆円を10年で返した リクルートの現場力
    数々の優秀な人材を輩出しているリクルートの事が知りたくて読んだ一冊。

    本書ではリクルートでのPDCAサイクルや人事制度などが書かれていて、2005年に発行されているので今とは全く趣も異なる部分はあると思いますが、新入社員に自発的な考えを促す点などの徹底的な自律性についてと常に変化を許容する考えはや...続きを読む