「中島道子」おすすめ作品一覧

「中島道子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/07/19更新

江
  • ブラウザ試し読み

小説 信玄と諏訪姫
  • ブラウザ試し読み

戦国の「いい男」「ダメ男」
  • ブラウザ試し読み

前田利家と妻まつ
  • ブラウザ試し読み

松平春獄
  • ブラウザ試し読み

松平忠輝
  • ブラウザ試し読み

源義経と静御前
  • ブラウザ試し読み

柳生石舟斎宗厳(むねよし)
  • ブラウザ試し読み

山内一豊と妻千代
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 源義経と静御前 源平合戦の華 若き勇者と京の舞姫
    タイトルから見ると、歴史を無視して女性キャラが出しゃばる小説かな、と危惧してしまうのですが、とても素敵な(でも切ない)読後感です。
    リアリズムに走って、義経の伝説をぶっ潰すのが目的みたいな作品も存在しますが、これはとてもバランスがよく、義経のはかなげなイメージを壊さないようにしながら、比較的客観的な...続きを読む
  • 戦国の「いい男」「ダメ男」
    二十人の戦国武将を著者の一方的主観で○×に分ける。明智光秀○、石田三成○、竹中半兵衛○、織田信長×、武田信玄×、徳川家康×、豊臣秀吉△・・・・。著者は女性。何となく好き嫌いの傾向が分かる。典型的女性視点での分け方か。掉尾を飾るのが「結城秀康」。数奇で不思議な運命を辿ったまことにマニアックな武将である...続きを読む
  • 松平春獄
    英邁公であったはずだが、殿様ゆえの
    政治オンチと決断不足
    余計なことしやがってと思った人も多いでしょうね
    でも、名君と思われるのは殿様は愚昧な人ばかり
    だったからでしょうか?
  • 前田利家と妻まつ 「加賀百万石」を築いた二人三脚
    金沢に旅行に行くので予習として読んでみた。
    まつといえば、利家を内助の功で支えた、というイメージがありますが、
    読んだ印象だと、利家が死んだ後の方が藩に貢献しているような…
    とにかく、子だくさんな夫婦だったようです。
    あっちこっちに養女に出したり嫁がせたりした(せざるを得なかった)結果、非常に難しい...続きを読む
  • 戦国の「いい妻」「ダメな妻」
    11人の女性達。
    昔、子供向け歴史漫画を読みふけっていたので
    あれはこの人だったのか…という
    古い記憶が甦ってきました。
    あの当時は、手当たり次第読んでましたので
    誰がどのエピソードなのかちっとも…w

    一人の女性を説明するに当たって、別の女性も出てくるので
    その時どうして何をしてたか等、上澄み程度...続きを読む