松平春獄

松平春獄

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

黒船来航を機に徳川二百数十年の太平が揺らぎ、倒幕運動が高まりをみせた激動の時代、「幕末四賢侯」と呼ばれる4人の賢君が登場し、政局の中心にあって活躍した。土佐の山内容堂、薩摩の島津久光、宇和島の伊達宗城、そして越前福井藩・松平春嶽である(4人の選定には諸説あり)。福井県出身の女流作家が、春嶽の少年時代から筆を起こし、同時代を生きた様々な英傑との関係を軸に、激動の只中を歩んだその半生を描いた長編小説。著者ならではの想像力で、みずみずしい春嶽の人物像を見事造形した力作!

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
384ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

松平春獄 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年12月15日

    英邁公であったはずだが、殿様ゆえの
    政治オンチと決断不足
    余計なことしやがってと思った人も多いでしょうね
    でも、名君と思われるのは殿様は愚昧な人ばかり
    だったからでしょうか?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています