北重人の一覧

「北重人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/04/09更新

ユーザーレビュー

  • 鳥かごの詩
    北重人さんは50歳のころから小説を書き始め、2004年56歳で本格デビューした時代小説の作家さん。それからわずか5年の活動で急逝されました。
    同じ頃、同年代で葉室麟さんがデビューしたことになりますが、私は北さんの方が好きでした。
    その北さんの唯一の現代長編小説であり、北さん自身の体験を背景にした作品...続きを読む
  • 汐のなごり
    結末がほっとする方向で終わるので、安心できる。
    私のふるさとが舞台なので、それも十分楽しめた。
    もうすこしドラマ性の色が濃くてもいいと感じた。
  • 花晒し
    巻末の池上冬樹さんの解説に、藤沢周平の後継者は一般的に葉室麟と思われているが、その葉室さん自身は北重人だと考えている、と言った事が書かれています。
    51歳でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、5年後に時代小説作家としてデビュー、61歳で亡くなった北さんの、これが本当に最後の短編集です。時代小説が5編と...続きを読む
  • 火の闇 飴売り三左事件帖
    私の好きな時代小説作家・北重人さんの遺作。
    実は買う前に「捕り物かぁ」と思ったのです。捕り物と言う形式を採ると、どうしても事件が中心になって、人情とか毅然とした生き方と言った私の好きな時代物の要素が弱くなって、私の中では少しランクが下がることが多いのです。
    この短編集の最初の作品は、そんな懸念通りで...続きを読む
  • 汐のなごり
    北前船の着く湊町を舞台にした6つの短編。
    確か初めて読む作者だけど、空気が感じられる文章だなあ…なかなか良かったです。最初の話が一番好き。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!