「杉本亜未」おすすめ作品一覧

「杉本亜未」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/12/06更新

ユーザーレビュー

  • ANIMALX 1巻

    ジャンルに縛られない

    BL、オメガバース、恐竜とかそんな問題ではないっ!と叫びたい。ジャンル分けして良い作品ではない。壮大すぎて付いていけない・・・!と読んでいて思いますが、最後に残るのは愛情だったり、強さだったり、個性だったり・・・

    一巻表紙の湊は、人間ではなく血族と言って、生殖も血族同士で行う必要があるが、血族...続きを読む
  • アマイタマシイ ~懐かし横丁洋菓子伝説~ 1巻

    読めないと思っていた作品が!

    コミックが2巻まで出たっきり止まっていたので、続きは読めないと思っていましたが電書で全4巻読めたのは幸せ

    美しい絵と、ちょっと笑えて感動もできるストーリー。ケーキや甘いものがどれだけ人を幸せにするか? そんなものを再確認させてくれる作品

    アマイタマシイを持つ甘魂者として、今後も生きていき...続きを読む
  • ファンタジウム 8巻
    良くん見てると、ちょっと嫌な事があっただけで苛々してしまったり人のせいにしたしする自分が情けなくなる。強さは、人を排除したり跳ね除けたりせずに距離が取れて、相手の存在をきちんと見極める事が出来る事を言うんだなぁ。攻撃力、防御力の高さじゃない。この作品を若い時に読んだとしても、きっと良くんの様に振る舞...続きを読む
  • ファンタジウム 7巻
    「どんなにバカにされても くだらなくても…… 儲からなくても それしかできない人はいるんだ……」
    良くんが全ての人に向けた言葉。
    多分、『ファンタジウム』を読み終わった時に、一体自分は何に不満があって自分の人生つまらなくしてるんだろうな、って思うんだろうなぁ。「普通」「一般的」と言う言葉にどれだけの...続きを読む
  • ファンタジウム 4巻
    良くんは老成した物言いや態度、諦めの速さなどが見られる半面、思春期特有の繊細さが肉体に出てしまう。自家中毒の様な症状で具合が悪くなったりする。そして彼は子供特有の「どうしようもなさ」に対して攻撃性を向けず争いを避ける道を選ぶ。
    マジックって現代の魔法なんだ…ファンタジウムの良くん見てると、ないものを...続きを読む