高橋泰邦の作品一覧

「高橋泰邦」の「」「海底牧場」ほか、ユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

  • 灰色のためらい
    -
    1巻550円 (税込)
    空はどんよりとくすみ、空気は刺すように冷たい。木工品を売りに田舎から出てきたロジャーは、警察署に行こうとしながら、なぜかためらった……寒風の下に起る男女の悲喜こもごもの人生模様と悪魔に魅入られたかのような残虐な殺人! シリーズ中初めて犯罪を構成する側から事件を描く異色作
  • 斧

    4.0
    1巻550円 (税込)
    血に香りはない。斧で老人が脳天をぶち割られている地下室の殺人現場に、キャレラは思わず息をのんだ。被害者はビルの管理人で、片手間に薪割りをしていた。こんな老人を誰がどんな理由で……彼は重い足どりで捜査を開始したが……残虐このうえない殺人の謎を追う刑事たちが見たものは?
  • 電話魔
    3.5
    1巻550円 (税込)
    四月は淑女。街は彼女を迎えると急にうきうきする。電話魔がラスキン婦人服店に脅迫電話をよこしたのは、そんな朝だった。店を立ちのかないと、お前を殺す――悪戯にしては度がすぎる。だが、必死の捜査にもかかわらず、脅迫電話は23軒の店に飛火した。しかも、事件と関連があると思われる死体が見つかり、事態は緊迫の度を強めた。果たして、電話魔の真の目的とは!
  • ハートの刺青
    4.5
    1巻550円 (税込)
    雨あがりの四月のある日、87分署の刑事部屋では、五ドルを騙しとられたというニグロの小娘が泣いていた。だがこの娘は金で済んでよかった。その日ハーブ河に浮んだ水死体の女は結婚詐欺にかかっていた。しかも、親指と人差指の間には忌わしいハートの刺青が! 好評のシリーズ第四弾!
  • 衝突針路
    -
    1巻660円 (税込)
    貨物船多聞丸は、海霧(ガス)のたちこめる三陸沖を航行中、突如右舷に他船を発見した。懸命の操舵も虚しく、ついに衝突、そして二等機関士(セコンド・エンジニア)久保が謎の溺死。海難審判で被告の立場となった二等航海士(セコンドフサー)小野寺は、法廷で息づまる攻防戦を展開しつつ、久保の死の真相を追う。久保の美しい妹に秘密が? スリリングな海洋ミステリー。
  • 黒潮の偽証
    -
    1巻660円 (税込)
    気が遠くなるほど広大な、深青色の砂漠〃黒潮〃。貨物船・寿南丸はその只中を漂流していた。……難破船に残された船長と、密航した謎の女の運命は?船内で殺された一等航海士の密室トリックの秘密とは? 海難審判で弁護を依頼された海事補佐人・大滝は難事件に挑んだ――海洋ミステリーの第一人者が放つ傑作本格推理小説。
  • 賭けられた船
    -
    1巻770円 (税込)
    航海士の失踪と乗組員の謎の死。海事補佐人の命を受け、6400トンの貨物船に乗り組んだ一等航海士紅林竜太は、事件の真相解明に挑んだ。インドで綿花を積んだ帰航中、命を狙われる紅林。マラッカ海峡での船火事……さざ波のような出来事が、いつしか逆巻く陰謀の荒波へ! 海の男の心意気を描く傑作長編海洋ミステリー。
  • 海底牧場
    3.7
    1巻660円 (税込)
    21世紀、世界連邦食糧機構の海務庁牧鯨局は、食用の鯨を海で放牧し、人類の食糧需要量の一割以上をまかなうほどになっていた。その海底牧場で、牧鯨者として鯨を管理する一等監視員ドン・バーリーは、新人として配属されてきたウォルター・フランクリンの訓練をまかされることになった。だが、フランクリンにはひとに言えない過去があった……海に生きる男たちの波瀾に満ちた運命を描く巨匠クラークの感動的な海洋SF
  • メリー・ディア号の遭難
    -
    1巻660円 (税込)
    荒波にもまれ、無気味に静まり返るメリー・ディア号。サルベージ業者サンズはこの瀕死の貨物船に遭遇し、救助のため船内に乗り込んだ。残留していたのは船長代理の男パッチ唯一人。彼の口からサンズは航海中の事件の数々を知る……船長の死、船主の失踪、火災、そしてその際の全乗組員による船の放棄。が、パッチ自身も謎に充ちていた。英仏海峡の魔の岩礁にあえて船を座礁させ、サンズと共に帰還した彼は、海難審判の場で船が沈没したと偽証、しかも直後に逃走してしまったのだ! 果たしてその真意は?

    試し読み

    フォロー
  • 毒入りチョコレート事件
    3.5
    1巻550円 (税込)
    ロジャー・シェリンガムが創設した「犯罪研究会」の面々は、手掛りがわずかしかなく、迷宮入り寸前の難事件に挑むことになった。被害者は、新製品という触れ込みのチョコレートを試食したベンディックス夫妻。チョコレートには毒物が仕込まれており、夫人は死亡、ベンディックスは一命を取り留めた。しかし、そのチョコレートは知人のペンファーザー卿へ送られたもので、ベンディックスはそれを譲り受けただけだったのだ。会員たちは独自に調査を重ね、自慢の頭脳を駆使した推理を、一晩ずつ披露する――。誰がこの推理合戦に勝利するのか。本格ミステリ史上に燦然と輝く、傑作長編。

    試し読み

    フォロー
  • 斧

    ネタバレ 購入済み

    安定の

    雑居ビルの地下室で管理人の高齢男性が薪割りの斧で殺害された。酸鼻極まる現場、それを取り巻く人間関係。過去に遡り、可能性は一つ一つ潰されていく。安定のサスペンスと人間愛。都会での生きづらさなど、今なお、解決できない問題がある。今回も皆、無事で何よりでした。87分署シリーズ18作目。

    #深い #カッコいい #シュール

    0
    2024年06月09日
  • ハートの刺青

    購入済み

    甘い言葉には

    並行して2つの詐欺を扱っている。1つはマジックの延長のような話術とトリック。もうひとつは男女問題。特殊詐欺が横行している現代。巧みに携帯電話を駆使している。いつの時代も人を騙して儲けようとする人がいるのは、何故なのかと考えてしまった。

    #深い #怖い

    0
    2023年03月05日
  • 毒入りチョコレート事件

    Posted by ブクログ

    古典の名作。
    紳士淑女のための限定された推理倶楽部の会員たちが、日替わりで自分の推理を述べてくので、探偵小説の醍醐味であるクライマックスが6度も楽しめる。
    これはなかなか探偵小説を読む人への挑戦とも言える試みではないかな。ただ探偵役の推理を鵜呑みにするのではなく、その実証性や証拠の有用性を検証することが、冤罪や間違った推理を見破ることになる。

    各探偵たちの得意げに述べる推理が楽しくて、状況証拠でしかないような根拠で推理を進めていても、そうなのかー!じゃあそいつが犯人なんだな!って毎回思ってしまうからおもしろい。
    誰かに話したくなるような推理小説であると思う。

    0
    2022年04月02日
  • 海底牧場

    Posted by ブクログ

    なんど読み返しただろうクラークの描く海洋SF。
    挫折した宇宙飛行士は牧鯨管理員として再生していく。牧鯨というからにはクジラは食料の対象として管理されるわけで、作品が発表されたベトナム戦争以前の思想と現在の思想の違いもあって興味深い。その後の問題についても先読みした議論や騒動もえがかれており、さすがクラークといまさらながらびっくりする。魚類の和名など翻訳上間違っているものもあったりするけれど、加藤画伯版の表紙はSF男子の心を離さない。
    それにしても海に行きたいぞ。

    0
    2019年02月23日
  • 毒入りチョコレート事件

    Posted by ブクログ

    さすが古典ミステリー!!圧巻。
    まごうことなき推理小説ですね。探偵小説ではなく。

    事件が起こって材料が出揃っている状態から始まるからすぐに入り込めるしすいすいと読み進められる。
    様々な可能性が次々に講じられて休む暇なく話が進んでいく。

    愚者のエンドロールから派生して読んだけどこの時代の英国ミステリーをもっと読みたいと思った。
    とりあえずレディに捧げる殺人物語が読みたいなぁと。

    0
    2013年12月10日

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!