「アントン・チェーホフ」おすすめ作品一覧

【アントン・チェーホフ】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/08/05更新

無料
犬を連れた奥さん
無料
決闘
0円(税込)
無料
イオーヌィチ
0円(税込)
犬を連れた奥さん
432円(税込)
無料
かき
0円(税込)
無料
カシタンカ
0円(税込)
無料
可愛い女
0円(税込)
無料
頸の上のアンナ
0円(税込)
無料
グーセフ
0円(税込)
無料
子守つ子
0円(税込)
無料
少年たち
0円(税込)
無料
小波瀾
0円(税込)
無料
接吻
0円(税込)
大草原
259円(税込)
無料
追放されて
0円(税込)
無料
妻
0円(税込)
無料
てがみ
0円(税込)
燈火
432円(税込)
無料
富籤
0円(税込)
無料
女房ども
0円(税込)
無料
ねむい
0円(税込)
無名氏の話
432円(税込)
無料
嫁入り支度
0円(税込)
無料
六号室
0円(税込)
六号室
324円(税込)

ユーザーレビュー

  • 新訳 チェーホフ短篇集

    ロシア文学って“誤解を受けやすい”と思う。その思潮や言動が必ずしも日本人が美徳と考えているものと一致せず、他の露人文豪の作品を並べて見ても、日本人からすると不可解なものが多いように思える。
    したがって、自分の感性に合う・合わないだけでこの作品群を評価してしまうのは早合点であり、もっと人間本来の真性に...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 新訳 チェーホフ短篇集

    チェーホフがこんなにおもしろい短篇を書く人だなんて知らなかった。どの作品も不条理だったり残酷だったり皮肉っぽかったりと不思議な味わいがある。各篇の後に訳者による詳しい解説が載っていて、物語の背景や従来の訳との違いについて詳しく説明されているのもいい。

    Posted by ブクログ

  • かもめ

    登場人物達の心象風景の描写が見事。
    自由なかもめだったはずのニーナが、嵐の日に傷ついて帰ってくる名場面は、何度も読み返したくなる。

    Posted by ブクログ