「大久保博」おすすめ作品一覧

「大久保博」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/04/25更新

ユーザーレビュー

  • トウェイン完訳コレクション 人間とは何か
    若者 それなら明らかに、人間というものはすべて、善人にしろ悪人にしろ、どちらも、その身を捧げるのは自分の良心を満足させるためなのですね?
    老人 そうだ。それが一番ふさわしい名前だろうな、それを呼ぶのには。「良心」ーーあの自主独立した「主権者」、あの傲慢なる絶対の「君主」。人間の内部にあって、人間の「...続きを読む
  • トウェイン完訳コレクション ハックルベリ・フィンの冒険
    さらっと読んだだけでもとっても面白いけど、じっくり読み直すともっと面白いんだろうな。個人的には第31章、ハックが自分の中の「道徳」心と闘いながら、売り払われたジムを助け出そうと決意するくだり、「よし、それなら、オレは地獄に行こう。」… 震えた。本当に読むべき小説。
  • トウェイン完訳コレクション ハックルベリ・フィンの冒険
    自由で物怖じしないハックと心優しいジムだからこそ、冒険が恐ろしいものではなくワクワクしてサッパリとしたものになるのではないかと感じた。
    トムはどんな子なのだろうともっと知りたくなったので、トムソーヤの冒険も読んでみようと思う。
  • トウェイン完訳コレクション ハックルベリ・フィンの冒険
    私は純粋に、冒険小説としてこの物語を楽しみました。各章ごとに続きが早く読みたくなるように物語が展開されており、ハックと同じようにハラハラドキドキしていました。しかし、冒頭で著者のマーク・トゥウェインが述べているように、この本の主題は単なるハックの大冒険ではありません。一連の物語を通して、著者はものす...続きを読む
  • トウェイン完訳コレクション ハックルベリ・フィンの冒険
    ハック・フィンとの冒険が終わってしまった。
    これが、この本を読み終わったときの最初の感情だった。

    この本は、たくさんのものが詰まっている。
    黒人奴隷、キリスト教的道徳観、詐欺、集団リンチ等々。
    そういう点は非常に興味深く映る。

    ただ、なにより主人公ハック・フィンが魅力的なのだ。
    自由を求めて、故...続きを読む

特集