下村湖人の一覧

「下村湖人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:下村湖人(シモムラコジン)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1884年10月3日
  • 出身地:日本 / 佐賀県
  • 職業:作家

東京帝国大学英文科卒。『次郎物語』、『論語物語』など多くの作品を手がける。社会教育に力を注いだことが知られている。

無料作品コーナー

作品一覧

2021/04/22更新

ユーザーレビュー

  • 論語物語
    書店でピンと来て、手に取ってみたが、素晴らしい本だった。
    論語をもとに下村湖人さんが、紡いだ小説。
    次郎物語は知っていたが、論語物語は、その存在さえ知らなかった。
    孔子は聖人で、私たちの理解など遥かに超えた存在だと思う。
    今のようにスマホや、インターネットが存在する現代には生まれることのない人間だ。...続きを読む
  • 次郎物語 五
    昨年から読み継いできた次郎物語、とうとう最終巻第5部が終わりました。青年期を迎えた次郎の葛藤、恋、社会の急激な軍国主義化の渦の中で、第一部からの伏線などが結びついていきます。第6部、第7部が構想されていたようですが、この形で未完という感じはしませんね。
  • 次郎物語 一
    岩波文庫の4月の新刊でガセットの「大衆の反逆」新訳が出たので買い求めたのだが、その際、同時に刊行されたので手にした一冊。こんなに有名な作品なのに、私は、子供の頃から50歳を越した今に至るまで、読まずにきた。
    ガセットよりも先に読み通してしまった。何気なく描かれているように見えて、人物描写の深さに感銘...続きを読む
  • 論語物語
    これは名著だ。

    『論語』に出てくる教えを、孔子と門人たちの物語に
    仕立てている。だから、『論語物語』。

    論語とか孔子とか聞くと、ものすごく敷居の高い感じ
    に聞こえるけれど、この本の中に出てくる孔子はとても
    身近な存在。
    かと言って、その教えの中身の濃さは少しもうすれて
    いない。
    ...続きを読む
  • 論語物語
    11/03頃、ベオグラードにて
    論語を非常に分かり易く、新たな物語に再構成している。
    全体的に、出世や他人からの評価ではなくて、いかに道理にかなった人間でいるかが大切、という話。
    こういう模範的な理想の話をいかに現実の毎日に適応させて実行するか、ということを考えて行動に表すことで始めて意味が生まれる...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!