「コリンP.A.ジョーンズ」おすすめ作品一覧

「コリンP.A.ジョーンズ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/06/28更新

ユーザーレビュー

  • 手ごわい頭脳―アメリカン弁護士の思考法―
    アメリカは法律というより法的思考力を教える
    陪審は法を無視することもできる
    弁護士は、事実の調査と法廷における事実の表現の仕方非常に慎重でないといけない
    言葉の定義を攻撃することが、よくある。
    言葉の定義を、要するに、よかつまりという表現で正すことも戦術として良い
    女性には中絶の権利があるというなら...続きを読む
  • 手ごわい頭脳―アメリカン弁護士の思考法―
    90点。そもそも法的思考とは何か、法を解釈し、運用するとはどういうことなのかを教えてくれる。
    アメリカはふざけた風なものも含め訴訟が多い国という印象だけど、こんな裏があったのね。
    マックのコーヒーが熱すぎる訴訟だとか実例は興味深いし、アメリカの法律家の思考形式を窺い知ることができる。
  • 手ごわい頭脳―アメリカン弁護士の思考法―
    ふぉぉ弁護士こわ!><

    視点の柔軟性に圧倒されました。

    ここに書かれている考え方を脳内の片隅におきつつ、いざというときに使えると良いと思います。しかし普通の人間と仲良くなるために使ってしまうと、単なる揚げ足取りになります。

    アメリカン弁護士の考え方を知る参考になったと同時に、アメリカの司法制度...続きを読む
  • 手ごわい頭脳―アメリカン弁護士の思考法―
    米国の弁護士資格を持ち、日本の法科大学院教授をしている(執筆当時)著者の、アメリカの法曹の思考方法を解説した本。日本のように依拠する法律が全国で統一されているわけではない米国では、法律の条文を覚えるよりも、相手に負けないための思考法の習得が重要になる。
    英文の契約書の解釈にはその思考法が当然ながら重...続きを読む
  • アメリカが劣化した本当の理由
    アメリカ合(州)国の生誕から引きずる根源的な問題、いまだに引きずっていることがよく理解できました。
    要は、寄り合い所帯で、本国のイギリス法を借用しながら、利害が絡み合いながら打算で出来た憲法、そして、奴隷制度を持っているゆえの、打算。
    ピューリタンの独善的な考え方が根幹にあり、また、たまたま、第一次...続きを読む