「笹沢左保」おすすめ作品一覧

  • 作者名:笹沢左保(ササザワサホ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1930年11月15日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

関東学院高等部卒。ミステリー、時代小説、エッセイなどそれぞれ多くの作品や著書を手がける。代表作『木枯し紋次郎』シリーズはテレビドラマ化や映画化されている。他の代表作には『宮本武蔵』、『真田十勇士』などがある。

作品一覧

2016/11/11更新

ユーザーレビュー

  • 木枯し紋次郎(十一)~お百度に心で詫びた紋次郎~

    紋次郎さん、全体的に旅に疲れ切って休みたい感じが強くて、孤独を恐れないニヒルなかっこよさに少しかげりが?そのせいか、この巻の一押しは決められませんでした。
    「唄を数えた~」のあとから続いた、タイトルに数字を入れる遊びはたぶんこれで締めなんだと思います。次の巻も数字のタイトルですが長編ですし、最後が百...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 木枯し紋次郎(十)~虚空に賭けた賽一つ~

    ドラマで紋次郎を演じた中村敦夫さんが最後の解説を書いてます。制作裏話は貴重ですし、演じた役者さんから見た紋次郎感が書かれていて興味深いです。

    ■虚空に賭けた賽一つ
    それぞれが違った武器を使う手練の兄弟との戦いが凄まじいです。「これで死ぬほど退屈せずにすむ」と笑う重兵衛さんとの別れも秀逸。
    ■旅立ち...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 木枯し紋次郎(九)~三途の川は独りで渡れ~

    笹沢氏は人間不信論者だと解説に載ってましたが、それを裏打ちするような乾ききった物語が次々と。

    ■鴉が三羽の身代金
    脅迫状を届ける役をあっけなく引き受けてるのが腑に落ちないですが、ラスト佐七の身の上話に「へい」しか言わない紋次郎さんが、かえって寂しさと虚しさを表しているようで切ないです。
    ■四つの峠...続きを読む

    Posted by ブクログ