エミリー・ブライトウェルの一覧

「エミリー・ブライトウェル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/12/16更新

ユーザーレビュー

  • 幽霊はお見通し
    家政婦は名探偵シリーズ第三弾。

    いつのまにか、捜査活動がないと物足りなさを感じてしまうようになった、
    ウィザースプーン家の面々。
    本来、警部補が担当しない強盗殺人を担当することになり、
    喜んで事件を調べることに。

    その途中で、なぜだかまた墓堀りに行ってるし。
    なぜだか、アメリカ人の未亡人ルティも...続きを読む
  • 消えたメイドと空家の死体
    家政婦は名探偵シリーズ第二弾。

    読んでいて何かとても楽しかった。
    今回のキーパーソン、アメリカ人の未亡人ルティ、
    率直で実際的で度胸があって頭が良い彼女が楽しいのかと思っていたが、
    それだけではなかった。

    前作では、ウィザースプーン警部補に人に助けられる「劉邦」を連想したが、
    今回はフロスト警部...続きを読む
  • 節約は災いのもと
    シリーズ4作目。 今回は冒険譚よりも謎解きで、警部は前回よりマトモにがんばってた!使用人チームの結束がより深くなって、お互いのことを心から心配しあったり、でも捜査のお役目でライバル心を燃やしたり、お互い今まで語らなかった過去に触れたりと、疑似家族のチームワークと絆が面白くなってきました。
  • 幽霊はお見通し
    今回はベッツイがあまり活躍しなかったけど、やはり良い味を出している。そしてルティの執事ハチェットも今回意外な特技を披露してくれました。そして犬のフレッドがメンバーに加わりました。次回作は「Mrs. Jeffries Takes Stock」原作は1994年に刊行されている。日本語訳バージョンは秋頃刊...続きを読む
  • 消えたメイドと空家の死体
    「家政婦は名探偵」の2作目。
    家政婦のジェフリーズ夫人をリーダーに、召使が探偵団として活躍します。

    ウィザースプーン警部補は、人柄はいいけど、推理の才能が実は全くない。
    このご主人様をさりげなく助けて、情報収集をして回るのが楽しみな召使達は、事件がないと退屈してしまうほどになっています。

    そんな...続きを読む