幽霊はお見通し

幽霊はお見通し

作者名 :
通常価格 1,018円 (926円+税)
紙の本 [参考] 1,078円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

裕福なホッジズ夫人が殺害されたのは、近頃評判の霊能者ポープジョイ夫人の交霊会から帰宅した直後のことだった。強盗の仕業か、顔見知りの犯行か。新年早々難事件を抱える羽目になるウィザースプーン警部補。そんな主人を陰で助けてきたジェフリーズ夫人はじめ使用人一同だが、このところメイドのベッツィと馭者スミスの仲が険悪で、捜査に支障が出かねない。不仲の原因というのが、彼女が少し前に知り合った男性と交霊会に出かけるからで……単純そうで手ごわい殺人事件に使用人探偵団が挑む、評判のヴィクトリア朝ミステリ・シリーズ第3弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
300ページ
電子版発売日
2016年06月01日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

幽霊はお見通し のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年06月30日

    今回はベッツイがあまり活躍しなかったけど、やはり良い味を出している。そしてルティの執事ハチェットも今回意外な特技を披露してくれました。そして犬のフレッドがメンバーに加わりました。次回作は「Mrs. Jeffries Takes Stock」原作は1994年に刊行されている。日本語訳バージョンは秋頃刊...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月21日

    「家政婦は名探偵」のシリーズ3作目。
    ヴィクトリア朝の英国ロンドンが舞台。
    家政婦のジェフリーズ夫人をリーダーに、召使が探偵団として活躍します。

    ウィザースプーン警部補は、殺人事件が大の苦手。
    なぜか捜査の腕があると思われていますが~
    実は陰で大活躍をしているのは、優しいご主人を思うお屋敷の使用人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年09月21日

    家政婦は名探偵シリーズ第三弾。

    いつのまにか、捜査活動がないと物足りなさを感じてしまうようになった、
    ウィザースプーン家の面々。
    本来、警部補が担当しない強盗殺人を担当することになり、
    喜んで事件を調べることに。

    その途中で、なぜだかまた墓堀りに行ってるし。
    なぜだか、アメリカ人の未亡人ルティも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています