「北川達夫」おすすめ作品一覧

「北川達夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/05/30更新

ユーザーレビュー

  • フィンランド流「伝える力」が身につく本
    意見は個人の解釈に過ぎない。意見は個人の価値観を基にした主張だ。建設的な話し合いに必要なのは、意見の根拠だ。根拠とは誰にでも検証可能な情報のこと。

    主張 意見そのもの
    価値 主張のもとになる判断基準。ものごとの優先順位。
    信念 主張と価値をつなぎ合わせる考え方・論理展開

    どんなときも「なぜ?」を...続きを読む
  • 苦手なあの人と対話する技術
    著者のコミュニケーション論はいつも新しい視点を与えてくれる。
    価値観を共有できていない相手だからこそ、"対話"が必要になるのだ。そして対話には精神的タフネスさが必要になるのだ。
    著者の本を読むと、他者とコミュニケートすることの勇気がもらえる。
  • フィンランド流「伝える力」が身につく本
    『自分の知識、経験、価値観にはまったく存在しない「何か」に触れたとき、人は「わからない」と言う』 『丸い穴には丸いボールしか入らない』などなど、アッ、だからあの時ダメだったんだと、過去のコミュニケーション失敗場面が脳裏を過ぎりました。英語を話せる人も話せない人にも今後はとても重要なスキルになっていく...続きを読む
  • 不都合な相手と話す技術 フィンランド式「対話力」入門
    フィンランドの大使をしていた経験から、価値観を共有できない相手とのコミニュケーション=対話について詳細に教えてくれる。
    これまで、価値観を共有できない相手とはコミュニケーションが取れないのではないかと考えていたのだが、
    相手には相手の価値観があるという大前提から開始せよと筆者は言う。
    確かにお互いの...続きを読む
  • 不都合な相手と話す技術 フィンランド式「対話力」入門
    奥深い対話論。

    小手先だけのテクニックが書かれているんだろうな、と予想しながら読み始めてみると全然違いました。
    まず、1冊を通して完全に「対話」に対してどう向き合うかについて書かれています。交渉術などを期待していると少しガッカリするかもしれません。
    日本の国民性と海外を比べた時の対話の比較などにつ...続きを読む