奥田昌子の一覧

「奥田昌子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/08/06更新

ユーザーレビュー

  • 内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法
    諸悪の根源、内臓脂肪。生活習慣病のほかガンや認知症の原因となる。内臓脂肪を減らすための方策を示した一冊。

    職場の健康診断で特定保健指導を受けたのを機に読んでみた。

    運動だけは定期的にやっていたが、結局食べる量を工夫しなくてはいけないようだ。内臓脂肪、体脂肪は貯金のようなものであり運動で消費量を増...続きを読む
  • 胃腸を最速で強くする 体内の管から考える日本人の健康
    著者は内科医。
    健診、ドッグ実施機関に勤務する傍ら産業医も務める。

    口から肛門の消化器に焦点を絞って話が展開する。

    通読することで消化器を知り、消化器をいたわり
    消化器から元気になれる。

    非日常的なわだいではあるが
    テンポよくスピード感のある文体
    わかりやすい例え
    ついやっている日女の行動と結...続きを読む
  • 内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法
    メディアや噂に如何に翻弄されているかを改めて教えられた本。とりあえず、食べる量を減らす。食べる物を変える。アルコールは控える。運動は頻繁に。有酸素運動。清涼飲料水はダメ。果糖が良い。短い時間の運動でも脂肪は燃える。運動は朝起きてから1-2時間と夕方から夕食時は推奨されない。気をつけるのはコレステロー...続きを読む
  • 内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法
    ■インスリンの暴走が病気を引き起こす。
    ・脂肪細胞が分泌する物質にはインスリンの効き目を悪くする悪玉物質とインスリンの働きをよくする善玉部資質があるが,内臓脂肪が増えると悪玉物質の分泌が高まり善玉物質の代表であるアディポネクチンの分泌が低下する。
    ・内臓脂肪が増加するとインスリンの効き目が悪くなる。...続きを読む
  • 内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法
    高血圧や糖尿病、各種がんや認知症の原因となる内臓脂肪の危険性が良く分かった。
    「腹囲1cm=内臓脂肪1kg=7000kcal」ということを意識して、日々の食事やこまめな運動に取り組んでいきたい。ちなみに、7000kcalを消費するにはフルマラソン3回分だそうだ・・・。継続的なカロリーカット・消費を心...続きを読む